タグに関連する記事

東芝とウエスタンデジタルの交渉傾向-メモリー事業の3D NAND技術の魅力

東芝とウエスタンデジタルの交渉傾向-メモリー事業の3D NAND技術の魅力

東芝とウエスタンデジタルの交渉背景を考察 2017年夏季は株式会社東芝(以下、東芝)の動向が話題となりました。...

プライベートブランドの小売、メーカーのメリットやデメリットとは?

プライベートブランドの小売、メーカーのメリットやデメリットとは?

プライベートブランド(PB)は小売側にとって在庫リスクに代表されるデメリットを伴う一方、仕入れコスト低減による粗利率増加というメリットを享受できます。メーカー側のメリットの他、プライベートブランドの代表例や安く買える理由などを解説します。

川崎重工の強みとは? 重工業界トップのROE 航空宇宙分野で高成長

川崎重工の強みとは? 重工業界トップのROE 航空宇宙分野で高成長

はじめに 2017年5月12日(金)の日本経済新聞に、川崎重工業株式会(以下、川崎重工)が高速船を25年ぶりに...

ユニ・チャーム、最高益でも浮かれている暇はないワケ 中国市場で苦戦

ユニ・チャーム、最高益でも浮かれている暇はないワケ 中国市場で苦戦

はじめに ドラッグストアでよく見られる衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム株式会社(Unicharm Cor...

コニカミノルタ、主力の複合機が市場成熟で低迷 経営戦略の要、M&AでV字回復へ

コニカミノルタ、主力の複合機が市場成熟で低迷 経営戦略の要、M&AでV字回復へ

はじめに 2017年1月31日の日本経済新聞でコニカミノルタ株式会社(以下、コニカミノルタ)がパイオニア株式会...

キヤノン、宇宙ロケット参入へ 経営・財務戦略で新たな「成長軌道」に乗る

キヤノン、宇宙ロケット参入へ 経営・財務戦略で新たな「成長軌道」に乗る

複合機やカメラなどの事業で売上高の約9割を稼ぐキヤノンですが、異分野の宇宙事業に参入しようとしています。理由は経営戦略の一環として成長が鈍化する主力事業の穴埋めるためであり、新規事業の資金源はコスト削減による財務戦略によって捻出します。

プレゼンテーションの極意

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING