福岡での派遣事務から、メディアプランナーとして上京。すべての経験を財産に。

福岡での派遣事務から、メディアプランナーとして上京。すべての経験を財産に。

Pocket

「欲しがられる人材になりたい人が集まるプラットフォーム」である、『PILES GARAGE』。
「働く」とはどういうことか、起業家、経営者から企業の最前線で活躍する社員の「リアルな声」を知りたいと立ち上げたインタビュー企画。各々の想いや、仕事ぶりといったストーリーを届けます。

 

プロフィール
株式会社売れるネット広告社 井上 佳美(いのうえよしみ)
福岡県出身。北九州市立大学外国語学部卒業。建築系会社でセミナーや見学会、自社情報誌のライティングなど多岐に渡る業務を担当、1年間で固定客を2倍にする。売れるネット広告社2018年度上期「社長賞」受賞。通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)保有。

 

 

ネット広告会社の仕事の流れ、メディア部の働き甲斐。

 

—現在の業務内容を教えてください。

 

メディア部でメディアプランナーを担当しています。弊社ではコンサルティング部がクライアントに対して取引に関する営業を行う一方、メディア部では純広告(※1)を取り扱い、案件の運用やご提案を行っています。他にも、成果報酬型広告(※2)の運用もしており、弊社独自のネットワークを通じて件数の拡大を行いながら獲得効率を最適化するといった、メディア事業全体の管轄を行っています。
 
(※1)純広告:特定のメディアの広告枠を買い取り、掲載する広告の総称。
(※2)成果報酬型広告:実際に成果があった場合に広告料が発生する広告。

 

—所属されているメディア部のメンバーは何名ですか?

 

メディア部は8名程いますが、基本的には個人で動いています。取り扱うメディアの幅も非常に広いので、1人当たりの裁量面が大きいですね。メディア部といっても媒体社とだけコンタクトを取っている訳ではありません。クライアントからメディア関連のことをご相談されることがあれば、直接お話を伺うこともあります。また担当している案件の月額予算が大きくなっていくと、その分だけ責任感や業務量が重たくなっていきますね。

 

—仕事をしていて、どのような時にやり甲斐を感じますか?

 

クライアントのご要望を裁量権を持って叶え、新たな価値を生み出していることを実感する時です。現在、メディア部では主に純広告というWEB上の広告枠をクライアントへ提供しているのですが、新たにDSP(※3)などの自動的にCPC(※4)を調整して配信できる広告を手掛けるようになりました。これにより、取り扱える運用広告の幅が広がるため、さらに広告効果を高めやすくなっています。この部署の中で大きい裁量を持てることに、やり甲斐を感じますね。
 
(※3)DSP:広告主(広告配信を希望している側)のプラットフォーム。
(※4)CPC課金:クリックあたりのコスト。

 
 

大学時代に興味を持ったマーケティング、就職活動ではそれが決め手に

 

 

—前職ではどのようなことをされていましたか?

 

以前は、不動産会社に勤務していました。私は建築の部署にいたのですが、建築や不動産に関する営業を手伝いつつ、資産運用に関するセミナーの集客や、会社の認知を広めるためのホームページの運用など、広報的な業務全般を担当していました。もともと不動産業務に関心があって入社した訳ではなく、広報的な活動やマーケディングの世界に関心があったことがきっかけでした。

 

もともと大学時代に専攻していて、マーケティングには興味がありました。英文学科で受講していたマーケティングの授業だったので、海外に対するものだったのですが、ブランディング広告を扱っており、購買意欲を掻き立てる広告戦略に関心を持ちました。そこで、就職活動の際にはマーケティングを担当できる会社を選んでいましたね。

 

 

—マーケティングが井上さんの軸となっているのでしょうか?

 

そうですね。大学時代に専攻していたこともあり、マーケティングには興味がありました。英文学科で受講していたマーケティングの授業だったので、海外のマーケティングに関する内容がメインです。その中でも、どうすればユーザーの購買意欲を上げて売上に繋げるかといった広告戦略に、非常に関心を持ちました。だから就職活動の際にはマーケティングを担当できる会社かどうかを判断基準に選んでいました。

 

—売れるネット広告社へ転職されたきっかけを教えてください。

 

前職ではブランディング広告(※5)をメインに展開していたのですが、次第に「この広告は購買効果に繋がっているのだろうか?」ということが分からなくなり、自分の中で違和感が出てきていたんです。そのようなことを考えていたちょうどその頃、売れるネット広告社の存在を知りました。CPA(※6)だけでなく、CPO(※7)やLTV(※8)、そしてCRM(※9)までの一貫したKPIを重視し、社名の通り“売れる”ネット広告を展開しているコンサルティング会社であることを知り、私が考える広告と近いのではと、興味を持ちました。そこから代表取締役社長の加藤公一レオと面談をして、直感で就職しようと思いました。
 
(※5)ブランディング広告:企業やサービスのブランド向上を目的とする広告。
(※6)CPA:コンバージョン1件あたりにかかった広告費用。
(※7)CPO:受注1件あたりにかかった広告費用。
(※8)LTV:顧客生涯価値と訳し、 一人あるいは一社の顧客が、取り引き期間内にどれだけの利益をもたらすかを算出したもの。
(※9)CRM:カスタマーリレーションシップマネジメントの略で、顧客との関係性をマネジメントすること。

 

—直感とは、代表との話でどんなことを感じたのですか?

 

直感というか、惹かれたんですよね。私は自分を表現することが苦手なのですが、仕事をする上ではとても重要なことだと考えていました。手前味噌で恐縮ですが、加藤は自分を伝えることがすごく上手です。広告のオリンピックと言われるアドテックで3年連続日本一になった実績は流石だなとその時は感じました。同時に、この人の下で仕事ができたら自分にとってプラスになる、変われると思ったんです。
 
 

No.1メディアプランナーが退職。戸惑いながらも財産になった半年間

 

ー現在の業務で特に思い出に残るエピソードはありますか?

 

私は元々、売れるネット広告社に入社した段階では派遣社員でした。最初は本社福岡で事務職として入稿作業をすることがメインでしたが、仕事にも次第に慣れてきたタイミングで、「事務職を卒業して、これからは総合職としてメディアプランナーになってほしい」と昇進のオファーを受けて、東京に来たのが2017年2月頃です。ただし、事務職時代の入稿作業と総合職のメディアプランナーとでは業務内容や責任の幅も全く異なっていたので、最初は本当にわからないことだらけでした。

 

2017年8月頃までの最初の半年間は、クライントの大切な広告費をお預かりするという責任感から失敗を恐れて大きな挑戦ができなかったり、求められている広告と違うものを提案してしまったりすることもありましたが、色んな経験を積むことで、クライアントが求めていることが何かを少しずつ理解していった気がします。

 

そんなさなか、一番お世話になっていた先輩社員が退職しました。その先輩は、当時で最も広告費の規模が大きいクライアントを担当していた、No.1メディアプランナーでしたが、案件のほとんどを私が引き継ぎました。分からないことが多く、またプレッシャーも大きく、とても苦労したことを覚えています。

 

ただ、そこから半年程経って、どうにか乗り越えることができたとき、自分の力がついたことを実感しました。今思うと、大変だったあの時の経験が今の仕事の糧になっています。どの広告をどのくらいの期間配信すればいいのか、この商材にはどこのメニューが最適なのか、全体のスケジュール感や仕切り方などを俯瞰的に見れるようになったのは当時の苦労があったからです。経験が自分の財産になったと感じましたね。
 
 

今後は専門性を高めつつ、人材育成にも力を入れていきたい

 

—今後、会社内で取り組みたいことやご自身の目標があれば、教えてください。

 

現在メインで担当しているクライアント案件は、引き続き安定して成果を出していきたいです。また、社内でまだ成果が出ていない案件もありますので、メディアプランナーとして、安定的な収益を上げられるように改善していきたいところですね。また、現在は部下がいない状態なので、今後は私が持っている知見を若い世代に受け継くなど、人材育成にも取り組んでいきたいです。

 

—最後に、どんな人と一緒に働きたいですか?

 

吸収力がある人がいいなと思います。言われたことを何故言われているのかを本質的に考え、実行できる人だと今後も伸びていくと思うので、素直でバイタリティのある人と一緒に働きたいですね。

 
 
《関連記事》
▼代表取締役 加藤公一レオ氏のインタビューはこちら
最強の売れるノウハウで、世界中にたくさんのドラマを創る

 
▼シニアコンサルタント 前川剛氏のインタビューはこちら
新卒4年目が目指すのは20代での執行役員!成長スピードを上げる考え方
 
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
売れるネット広告社の話をもっと聞いてみたい方、一緒に働いてみたいと思う方は、
まずは売れるネット広告社のホームページをご覧ください。
どんな事業を行っているのか、どんなメンバーが働いているのかを確認することができます。
 
■売れるネット広告社のホームページはこちら
https://www.ureru.co.jp/
 
■売れるネット広告社の話をもっと聞いてみたい方、一緒に働いてみたい方は、
是非お気軽にご連絡ください。
人事担当:村上華子(murakami@ureru.co.jp)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Pocket

COLLABORATION グロービス学び放題

X理論・Y理論

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING