最強の売れるノウハウで、世界中にたくさんのドラマを創る

最強の売れるノウハウで、世界中にたくさんのドラマを創る

Pocket

「欲しがられる人材になりたい人が集まるプラットフォーム」である、『PILES GARAGE』。
「働く」とはどういうことか、起業家、経営者から企業の最前線で活躍する社員の「リアルな声」を知りたいと立ち上げたインタビュー企画。各々の想いや、仕事ぶりといったストーリーを届けます。

 

プロフィール
株式会社売れるネット広告社 代表取締役社長 加藤公一レオ(かとうこういちれお)
1975年ブラジル・サンパウロ生まれ、アメリカ・ロサンゼルス育ち。西南学院大学経済学部卒業後、三菱商事株式会社に入社。その後、Havas Worldwide Tokyo、株式会社アサツー ディ・ケイ(ADK)にて、一貫してネットビジネスを軸としたダイレクトレスポンスマーケティングに従事し、担当した全てのクライアント(広告主)のネット広告を大成功させる。その実践経験とノウハウをもとに、ネット広告のレスポンスを確実にアップさせてしまうため、クライアント企業から『レスポンスの魔術師』との異名をとる。

 

 

クライアントに“ズル”していただくカンニングシートを提供する

 

 

ー株式会社売れるネット広告社の事業内容についてお聞かせください。

 

売れるネット広告社は、通販のネット広告に特化し、名前の通り“売れる”結果を確約するコンサルティング会社です。事業内容はシンプルに言うと、「クライアントに“ズル”していただくためのカンニングシートを提供すること」です。世の中には多くの広告がありますが、クライアントの目標と期待を超えた成果を提供し続けているのが売れるネット広告社であり、ネット広告の費用対効果(※1)の圧倒的な改善と、クライアントの売上拡大のために日々尽力しています。

 

我々の自慢は、すべてのクライアントでネット広告の費用対効果を“100%確実”に上げてきたことです。なぜ自信満々に“100%確実”だと言い切れるのかというと、【A/Bテスト】を繰り返して得られたデータ保有数は圧倒的に日本一、つまりどういうキャッチコピーにすればいいのかということから、配信するメディア選定、その後のフォローメールに至るまで、我々が持つ過去の実績・データを参照すれば、最初から効果の高い仕組みが全部分かってしまうからです。実際に我々のクライアントでは、ネット広告の費用対効果は平均して4倍、最高18倍も改善しています。

 

我々の企業理念は「“最強の売れるノウハウ”を用いて、関わるすべての企業 を100%成功に導くことで世界中にたくさんのドラマを創る」です。私は過去18年間で累計“200億円以上”の広告費をクライアントからお預かりして、“1000回以上”の【A/Bテスト】を繰り返して得られた“最強の売れるノウハウ”をもっています。クライアントに遠回りさせず、最初から答えをすべて渡してしまう、例えて言うなら、富士山の頂上を目指すクライアントを8合目まで一気に連れていくようなコンサルティングを行うことが売れるネット広告社の事業内容です。

 

弊社がコンサルティングさせていただくと、ネット広告の費用対効果は劇的に改善しますが、その後も半永久的に改善を図るべく、【A/Bテスト】は常に行っています。多くの広告代理店は新旧問わずメディアビジネスになっているので、Excelで作成したメディアプランと、せいぜいバナー広告や簡単なランディングページを作っておしまい。CRM(※2)まで一貫して面倒見てはくれませんが、その後のCRMまで含めてサポートすることも弊社の大きな特徴だと思いますね。
 
(※1)広告の費用対効果:広告費に対して、どれだけ売上が回収できたかを測る指標。
(※2)CRM:カスタマーリレーションシップマネジメントの略で、顧客との関係性をマネジメントすること。

 

 

リスクゼロで起業するために、戦略的に過ごしてきたサラリーマン時代

 

 

ー起業されたきっかけを教えてください。

 

もともと私の家系には起業家が多かったんです。特に、私の祖父はレストラン事業からウェディング事業などで長者番付トップ10に入るくらい大成功していたのですが、父親の代で一度倒産したんですね。その後、両親が離婚して私は母親に引き取られたのですが、3人兄弟揃って、「サラリーマンになりなさい」と言われて育ってきました。

 

私自身もその影響か、小さい頃は起業すること自体がリスクだと思っていたのですが、起業家のDNAが流れていたのかもしれません。それに、母親を贅沢させたいという思いもあって、大学生の頃には、いつか絶対起業してやろうと思うようになりました。ただ、母親からの反対と父親の経験があったため、リスクゼロの起業をしようと徹底的に計算しました。

 

まずは自分の実力、知名度を上げるために三菱商事やアサツー ディ・ケイ(ADK)でめちゃくちゃ働きました。当時、日本でトップ10に入るレベルのハードワーカーだった自負があります。その結果、社員数2000名以上を誇る前職のADKの中で、ネット広告事業の売上の4分の1を私が稼いでいました。

 

そこからは、書籍出版の話や取材・講演依頼が来るようになり、サラリーマン時代から相当有名になりました。こうして、20代から知名度を上げ、ピークに達したと感じた34歳で起業しました。それがリスクゼロの起業ですね。リスクゼロの起業とは、会社の看板にぶら下がって仕事をするのではなく、個人名で仕事を取ってこれるようになること、つまり圧倒的なブランディングをすることなのです。起業することに対しては正直なところ不安も少しありましたが、起業初日から問合せをたくさんいただき、自分の作戦通りになったなと思いました。

 

ー若い頃から、戦略的に人生を過ごされてきたのですか?

 

私はブラジル・サンパウロ生まれ、アメリカ・ロサンゼルス育ちで、大学から日本に住み始めました。正直学校での勉強はあまりしてこなかったですが、最後に勝てば勝ちだと思い、就活だけはめちゃくちゃしましたね。私の母校である西南学院大学は、九州ではそこそこ有名な大学ですが、超一流企業に採用される学生は少なく、私の強みである英語を活かし、総合商社に絶対受かろうと決めていました。

 

当時やっていたこととしては、大学のOBに手あたり次第会うことで、社会人との会話に慣れることと、エントリーシートや面接対策として大学のOBに色んなパターンを見てもらう・練習相手になってもらうことです。そして毎回フィードバックをもらって、改善を図っていきました。就職活動においても【A/Bテスト】を繰り返すことで最適化し、その結果、名立たる大企業から複数社の内定を勝ち取りました。自分がやると決めた時は、かなり努力していましたね。

 

 

起業ドラマこそが、大企業では得られなかった感動

 

ーこれまでの経験で、特に思い出に残るエピソードを教えてください。

 

就活を努力したおかげで、なんとか当時ナンバーワンと言われる三菱商事に入社しました。そこでは頑張って、実績も残しました。ただ、歴史をつくれたかというと、それは実感できなかったんです。あの何千人もいる会社の中で、周りが変わっていく風景は見えませんでしたね。

 

私が社会人になったのが1998年なのですが、2000年を過ぎた頃からサイバーエージェントやライブドアなどのインターネット関連企業がどんどん出てきたんですね。「俺、すげー頑張ってるけど、歴史をつくれてないな」と思っていたちょうどその時、ベンチャー会社の起業家たちが注目される時代になっていきました。大企業に所属していてエリート商社マンやエリート広告マンとして名実ともに絶頂期だったはずなのに、そうしたベンチャー会社の起業家たちに対してコンプレックスを抱いていたように感じます。自分自身で会社を動かす、そしてドラマを創れるようになりたいという想いもあって、売れるネット広告社を設立しました。

 

現在、会社を経営して9年目です。小さなワンルームマンションでたった2人しかいない状況から、少しずつ仲間が増え、クライアントも増え、福岡オフィスが拡大、東京オフィスを設立し、新しい事業を生み、成功事例が増えていく。見える景色がどんどん変わっていく。まさに最高のドラマです。思い切って起業したからこそ得られた感動です。今、思い出すだけでもうるっときますね。

 

 

これから先、一緒にドラマを作っていける仲間と働きたい

 

 

ー少人数規模のタイミングで新卒採用を始めたのは、どのような理由からですか

 

カルチャーを作りたかったからです。カルチャーは毎年入ってくる新人たちが作っていってくれると考えています。日本を代表する会社、例えばトヨタやソニー、ホンダにしても、新卒がカルチャーをつくっています。弊社は100%“売れる”人財を育てる自信がありますし、体制的にも毎年後輩が入ってくる方が、組織としても健全です。

 

ーどのようなメンバーが活躍されているのでしょうか?

 

男性も女性も肉食なタイプが多いですね。ここで言う肉食というのは、夢と目標を持っていて、貪欲な人のことです。夢や目標を現実のものにするために、地位や名誉・お金や経験が欲しいという人もいます。夢や目標から逆算して、実際に「行動」に移せる人、そんなメンバーが活躍しています。

 

ただ、弊社はまだ発展途上中なので、いい会社を一緒に作っていく思いが強い仲間を集めています。会社を設立してからまだまだ歴史が浅いので、これから先の5年後・10年後・20年後、あらゆるドラマが生まれることでしょう。仲間がもっと増えて、クライアントが増えて、オフィスももっと立派にして、あらゆる新規事業を立ち上げて、今いるメンバーたちが将来自分の子どもに「お父さんがあの事業作ったんだよ」とか「当時30人だった会社が今ではこんな六本木ヒルズ最上階のワンフロア―に1000人もいるんだ」と言えるような風景を目指したいです。そんな未来を自分で作っていける人たちと一緒に働きたいですね。

 

 

直近の目標である上場(IPO)と、世界中に「売れるネット広告」を広めたい想い

 

ー今後の展望をお聞かせください。

 

昨年末に決めたことですが、上場(IPO)を目指します。その後、海外展開していきたいです。アメリカやアジア等に展開し、世界中に“最強の売れるノウハウ”を広めたいです。

 

海外での生活を経験しているからこそ実感しますが、日本の単品通販の仕組みは日本一です。海外の通販は、売り切り型の商品ばかりで「今すぐ買いなさい、でも買ったらさようなら」という感じです。一方日本の通販は初回の購入をきっかけに、お客様との関係性を大切にしながら2回目、3回目とリピート購入いただいたり、他の商品をクロスセル(※3)していただくようにしてお客様との関係性を切りません。日本の通販戦略の主軸にある“おもてなしの心”は世界に通用すると信じています。我々は、“そのおもてなしのノウハウ”を日本で一番持っていると自負しているので、将来的には世界に通用するネット広告コンサルティング会社になることを目標としています。
 
(※3)クロスセル:購入しようとしている商品と別の商品も併せて購入してもらうこと。

 

ー最後に読者へメッセージをお願いいたします。

 

人間の能力に大きな差はないです。結局、成功する人と失敗する人との唯一の違いは「行動」するかしないかだけです。だから、色々勉強するだけで終わるのはくだらないし、思い描くだけで終わるのもくだらない。「行動」にプラスして、勉強したり、思い描いたりするのです。是非読者の皆様も、今持っている夢や目標を公言し、「行動」し続けて欲しいです。

 
 
《関連記事》
▼メディアプランナー 井上 佳美氏のインタビューはこちら
福岡での派遣事務から、メディアプランナーとして上京。すべての経験を財産に。
▼シニアコンサルタント 前川剛氏のインタビューはこちら
新卒4年目が目指すのは20代での執行役員!成長スピードを上げる考え方

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
売れるネット広告社の話をもっと聞いてみたい方、一緒に働いてみたいと思う方は、
まずは売れるネット広告社のホームページをご覧ください。
どんな事業を行っているのか、どんなメンバーが働いているのかを確認することができます。

■売れるネット広告社のホームページはこちら
https://www.ureru.co.jp/

■売れるネット広告社の話をもっと聞いてみたい方、一緒に働いてみたい方は、
是非お気軽にご連絡ください。
人事担当:村上華子(murakami@ureru.co.jp)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Pocket

COLLABORATION グロービス学び放題

3C分析

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING