エアクロが物流拠点を移転、AI・IoT・ロボットを活用した次世代物流の構築プロジェクトを始動

株式会社エアークローゼット(以下、エアクロ社)はこのたび、当社事業の『airCloset(エアークローゼット)...

Pocket

株式会社エアークローゼット(以下、エアクロ社)はこのたび、当社事業の『airCloset(エアークローゼット)』および『pickss(ピックス)』の物流拠点を大和ハウス工業株式会社が開発した物流施設「DPL市川」(千葉県市川市高谷新町6の4)に移転したことを発表します。新倉庫は2018年4月9日(月)より稼働しています。「DPL市川」では、AI・IoT・ロボットを活用する新しいシェアリングモデル物流施設「Intelligent Logistics Center PROTO」のプロジェクト参画企業として、大和ハウス工業株式会社と株式会社ダイワロジテック、株式会社waja、株式会社Tokyo Otaku Modeの5社で次世代物流オペレーションを共同構築していきます。

 

 

エアクロ社は2015年2月のサービス開始以来、事業資本提携先である寺田倉庫株式会社および中園化学ホールディングス株式会社との協業を通じて、ファッションレンタル専用物流のノウハウを国内最大級の規模で蓄積しました。エアクロ社は洋服の個品管理や還流物流への対応、検品・メンテナンスなど、シェアリングビジネスに不可欠な要素を独自に解決するオペレーションを擁しており、「DPL市川」にこのノウハウを提供することで、次世代型物流プラットフォームの拡充に貢献する予定です。なお、寺田倉庫株式会社とは倉庫運用とは別の事業連携を、中園化学ホールディングス株式会社とは今後も継続してメンテナンスオペレーションに関する事業連携を、それぞれ一層深めていく予定です。

 

『airCloset』は会員数15万人(2017年12月現在)を突破し、全国47都道府県のお客様に広くお楽しまれています。また、最新事業である『pickss』を2018年3月にリニューアルし、パーソナルショッピングアプリとして新たなサービスをお届けされています。「発想とITで人々の日常に新しいワクワクを創造する」というビジョンのもと、これからも最先端の物流ソリューションを取り入れ、改善していくことを通じて、お客様にご提供できるUX(体験価値)の最大化に努めるようです。

 

寺田倉庫株式会社 上席執行役員 月森氏のコメント

当社(寺田倉庫)はこれまで約3年間、エアークローゼットと共にファッションレンタルという日本における全く新しい領域においてオペレーションの設計、システムの開発、運用改善を行ってまいりました。当社のエアークローゼットに対する役割は、サービスの立ち上げサポートとオペレーションを安定化させ成長を支える事でございました。更なる高みを目指すエアークローゼットが当社から巣立っていく事に大変感慨深く思っております。これからもみなさまどうぞエアークローゼットをよろしくお願いいたします。また、当社もこの経験を活かし、これからも多くの企業に対し、新しいサービスを立ち上げるサポートをしてまいります。

 

プロジェクト参画に際して庫内スタッフユニフォームを監修

 

 

倉庫の運営を担当する株式会社ダイワロジテックから、「革新的で今までになかったようなユニフォームにしたい」という要望を受け、エアクロ社のスタイリストグループが庫内スタッフユニフォームのデザインを監修しました。グレーを基調としたモダンでデザイン性に富みながらも、倉庫現場でのスタッフの動きやすさ・機能性を考慮し、「働くスタッフのモチベーションとIntelligent Logistics Center PROTOの世界観」をデザイン。ネイビーのベレー帽とグレーカラーのスニーカー風の安全靴に、白シャツには千鳥柄のジャケットを着用するなど、スタイリッシュなユニフォームを提案しています。庫内スタッフが着用して働いています。

 

詳しくはこちらからご覧ください。
株式会社エアークローゼット
HP:https://corp.air-closet.com

Pocket

COLLABORATION グロービス学び放題

貸借対照表

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING