OFFICE DE YASAI・キユーピーが働く人の野菜摂取を応援する「#シブサラ」イベントを開催

株式会社KOMPEITO(以下、KOMPEITO)は、キユーピーが取り組むサラダ食需要の拡大を推進する活動「#...

Pocket

株式会社KOMPEITO(以下、KOMPEITO)は、キユーピーが取り組むサラダ食需要の拡大を推進する活動「#シブサラ」に賛同し、サラダウィーク※1の最終日である野菜の日(8月31日)に共同で特別イベントを行うことになりました。具体的には、渋谷に拠点を置くベンチャー企業50社へ対し、「#シブサラ」から8月31日のランチ用にサラダを計831食分プレゼント。野菜不足解消のきっかけ作りを目指します。

 

イベント実施の背景

 
健康経営の推進や働く人の健康維持・改善を目的に、KOMPEITOは2014年よりオフィス向け置き野菜サービス「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」を展開し、首都圏を中心にこれまで800社以上に導入されています。食事の簡便化や多様化が進むとともに日本人の野菜摂取量は年々減少しており、厚生労働省が発表するデータによると推奨量の350g以上に対し、60gほど足りていないのが現状です。KOMPEITOは、「OFFICE DE YASAI」の導入によってこうした状況を少しでも改善すべく、導入企業に関わらず、すべての働く現代人に向けて、野菜をはじめ食生活への意識を高めることが重要であると考えています。

 

 

そこで、1年で最も野菜への関心が高まるサラダウィーク(※1)の最終日「野菜の日」に、今年はキユーピーが推進する「#シブサラ」とコラボし、野菜摂取への関心を高めるイベントを企画しました。また今回の特別イベントに関しては、渋谷発のベンチャー企業を後押しするとともに、キユーピーとS-SAP(シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー)協定を締結している渋谷区の長谷部 健 区長からも賛同をいただいています。
(※1)サラダウィーク: 8月31日は「や(8)さ(3)い(1)」のごろ合わせから制定された「野菜の日」ですが、サラダの上にかけるという意味から、その 1 週前の 8月24日は「ドレッシングの日」と制定されています。キユーピーはこの8日間を『野菜をサラダで楽しむ “SALAD WEEK”』として提案しています。

 

#シブサラ 特別イベント概要

 
8月31日の「野菜の日」に、渋谷に拠点となるオフィスを構えるベンチャー企業50社に対し、#シブサラ特別サラダランチを計831食分プレゼント。ベンチャー50社で働く人に実際に召し上がっていただきます。また、サラダを食べる際には「#シブサラ」ハッシュタグをつけて一斉投稿。8月31日は働く人の野菜関心度急上昇を目指します。

 

#シブサラとは

 

 

「#シブサラ」は、キユーピーが提案する、渋谷生まれの、渋谷を象徴する盛り付けが特徴のサラダです。 サラダの中央にくぼみを作り、渋谷の谷の地形を表現。 その“谷”の中に、ドレッシングや半熟卵を入れて、渋谷の象徴であるスクランブル交差点のように、サラダの具材をスクランブルして食べます。

 

 

 

 

詳しくはこちらからご覧ください。

株式会社KOMPEITO
HP:http://www.officedeyasai.jp/

Pocket

COLLABORATION グロービス学び放題

損益計算書

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING