『VISION』がある人は「手段」がなくならない

Pocket

皆さんは普段、『VISION』と聞いて、言葉や映像のどちらを連想されますか?
今回は『VISION』について、話していきたいと思います。

 

一般的に、『VISION』は「言葉」として見える形で表現されていますが、本質的には「映像」だと解釈しています。

 

辞書を開くと、このように記載されています。(出典:デジタル大辞泉)

 

1:将来の構想。展望。また、将来を見通す力。洞察力。「リーダーに—がない」「—を掲げる」
2:視覚。視力。また、視覚による映像。

 

つまり『VISION』とは、CEOにとって実現している社会が見えている状態を指します。それは具体的であるほど良いです。

 

例えば、ドローンを使ってビジネスをしようとする人と、amazonのジェフさんのように、ビジョンのためにドローンを使う人の違いです。
ビジョンが具体的にあるかないかで、だいぶ変わりますよね。

 

 

『VISION』がないケースとあるケース

【VISIONがない場合】
 ①現状の手段ベースの延長線でしか選択肢がない。
 ②途中でロジックが切れてしまうとその先がない。
 ③手段が正しいかどうかわからない。

 

【VISIONがある場合】
①『在るべき姿』から、逆算にしていくので、実現するための最短の道(仮説)、戦略が見える。
② 現状の「手段」に縛られない、VISIONに向かっているのであればピボットもできる。
③具体的なイメージがあれば、仮説/検証を繰り返していくことで、VISIONを実現できる。

 

伝えたいことは、人は本質的に「目に見えるもの=実現しているもの」しか信用できないということです。

 

仮に、「言葉を話すサルがいる」と言われたとしても、実際に目の前に見えないと信用できません。
VISIONにおいても同様で、実現していくことが大事ですが、具体的なVISIONがあれば、まだ目の前で実現されていなくとも、人はその世界が実現するものだと思えます。
VISIONが具体的な質量を持つことで、人が引き寄せられて集まってくるからです。

 

また、VISIONが気持ちよいものであれば、多くの人が同じ風景を見たいとVISIONの実現を期待し、応援してくれるようになります。

 

 

編集:PILES GARAGE 編集部
 
整備士プロフィール

チカイケ秀夫
PERSONAL VENTURE CAPITAL.LLC CEO
日本初のブランディングを通してスタートアップを支援するベンチャーキャピタル。20代はWEB系デザイナーにはじまり、ディレクターから、一部上場IT企業グループ、複数のベンチャー立ち上げに携わる。上場企業の理念策定や、代表直下プロジェクトマネージメントとブランディングを経験し、スタートアップに特化したブランディング起業。現在は、スタートアップに特化した企業のブランディング・パートナー/社外CBO(最高ブランディング責任者)として10社〜15社との関係性を持つ。

 

チカイケ整備士のブログはこちら

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を1,980円~の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。

COLLABORATION グロービス学び放題

ロジックツリー

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING