エイベックス、子会社を設立しフィンテック領域へ参入

Pocket

エイベックス株式会社(以下、エイベックス)は、100%子会社として「エンタメコイン株式会社」(以下、ECI)の設立を発表しました。

 

エンタテインメントにおけるフィンテック領域への参入

エイベックスは、2018年5月11日に代表取締役社長CEOを務める松浦勝人が、2018年6月22日開催予定の定時株主総会を経て代表取締役会長CEOへ就き、「Entertainment × Tech」を主軸とした新規事業創出に注力することを発表しました。

 
また、2018年5月11日に公表した『「未来志向型エンタテインメント企業」を目指して』の中で、新事業・イノベーション領域として、「フィンテック/ブロックチェーン」「VR/AR/MR」「バーチャルYouTuber」「ゲーム」「インフルエンサーマッチング」「ライヴ配信/ライヴコマース」を掲げました。今回のECI設立を機に、エンタテインメントにおける決済サービスなどのフィンテック領域へ参入します。
 

 
ECIでは2019年初頭を目処に、エイベックスグループや芸能事務所、エンタテインメント関連事業者へ、低手数料、低コストで活用できるブロックチェーン技術を用いた独自の決済システムを提供します。また、チケット、ファンクラブ、ECなど、導入事業者が提供している個々のサービスを簡単に連携・集約し、決済機能も紐付けられる総合プラットフォーム・アプリケーションと併せて提供する予定です。

 

子会社の概要(予定)

商号:エンタメコイン株式会社(英文表記:EntameCoin Inc.)
本店所在地:東京都港区南青山三丁目1番 30 号
代表者:代表取締役社長 有田 雄三
設立年月:2018 年6月
主な事業内容:電子マネー等の電子的価値情報及び前払式支払手段の発行、販売並びに管理、電子 決済システムの提供 等
従業員数:未定
決算期:3月
資本金:9億9,000万円(うち資本準備金:4億9,500万円)
株主構成:エイベックス 100%

 

出典元

 

 

執筆/編集:PILES GARAGE
 

PILES GARAGEは、企業を支える「杭(PILES)」のような人材を育て、定期的にその「杭(PILES)」を磨く、“ガレージのような場所。
個の力を磨き何時いかなる時でもその力を発揮出来る人材に。
 
PILES GARAGEのサイトはこちら
https://piles-garage.com/
 
PILES GARAGEへのお問合せはこちら
https://piles-garage.com/contact

 

その他のおすすめ記事

銀行が採用、金融取引を効率化 ブロックチェーンとは?

銀行が採用、金融取引を効率化 ブロックチェーンとは?

パナホーム完全子会社化で浮かぶ、コーポレートガバナンスの問題とは?

パナホーム完全子会社化で浮かぶ、コーポレートガバナンスの問題とは?

トヨタホーム、ミサワホームを子会社化した理由とは? 住宅市場縮小の影

トヨタホーム、ミサワホームを子会社化した理由とは? 住宅市場縮小の影

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を1,980円~の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。

RELATIVE関連記事

ヤマト、中国EC大手と提携で海外宅配強化 日本流の高品質サービスに「強み」 ヤマトの海外展開を解説

ヤマト、中国EC大手と提携で海外宅配強化 日本流の高品質サービスに「強み」 ヤマトの海外展開を解説

目次1 はじめに2 ヤマトHDの海外進出概略2.1 ヤマトHDの海外進出沿革2.2 ヤマトHDの事業概要2.3...

記事を読む

M&Aのメリットとは? 買い手側と売り手側の目的とは? M&A実務に必須の流れを押さえる

M&Aのメリットとは? 買い手側と売り手側の目的とは? M&A実務に必須の流れを押さえる

目次1 はじめに2 M&Aとは?3 M&Aのメリットとは?4 M&A買い手側の目的とは...

記事を読む

インバウンドで急増 訪日中国人御用達のビットコイン決済とは?

インバウンドで急増 訪日中国人御用達のビットコイン決済とは?

目次1 はじめに2 ビットコイン決済導入拡大の背景2.1 ビットコイン決済拡大の背景 インバウンド需要に対応2...

記事を読む

ベトナムの不動産デベロッパー大手「ビングループ」とは? 成長要因に迫る

ベトナムの不動産デベロッパー大手「ビングループ」とは? 成長要因に迫る

目次1 ベトナムの不動産開発を担う「ビングループ」2 ビングループの事業 不動産など4つの中核事業を手がける3...

記事を読む


COLLABORATION グロービス学び放題

損益計算書

ENTERPRISE

RECOMMEND

MONTHLY RANKING