オールアバウトとNTTドコモが資本・業務提携契約を締結

オールアバウトとNTTドコモが資本・業務提携契約を締結

Pocket

株式会社オールアバウト(以下、オールアバウト)と株式会社NTTドコモ(以下、NTTドコモ)が、資本・業務提携契約を締結しました。

 

資本・業務提携の背景

スマートフォンやSNSの本格的普及に伴い、インターネットを通じて生活者が接する情報は日々拡大を続けています。そういった中、ユーザーの態度変容を促す広告効果の高いデジタルマーケティングを実施する上で、様々なデータを活用したユーザーのインサイト発見や行動予測が重要になってきています。
 
オールアバウトは、2001年に総合情報サイト「All About」を開設以来、「ガイド」と呼ばれる専門家を活用し、信頼性の高い情報を発信し続けてきたことで、ユーザーの興味関心領域(1,300テーマ)におけるデータを蓄積してきました。
一方、NTTドコモは、約6,500万人のdポイントクラブ会員基盤とdメニュー®を始めとする自社メディアを活用し、ユーザーにあわせたマーケティングソリューションの展開を進めてきました。
 
こうした背景のもと、オールアバウトとNTTドコモは、資本業務提携を行うことにより、オールアバウトの培ったインターネットメディアでの運営ノウハウと広告ビジネスの実績をもとに、NTTドコモの事業基盤を活用したメディア連携や広告商品開発の取り組みを共同で推進していきます。

 

両社の事業資源を活用した業務提携

オールアバウトとNTTドコモの事業資源を相互に活用することで、新たなマーケティングソリューション(データを活用した広告商品)の開発やユーザー向けメディア事業の拡大など、両社事業の発展を目指します。
下記、具体的な業務提携内容です。
 

業務提携 1.

総合情報サイト「All About」が保有する月間総利用者、約3,000万人(※1)の興味関心領域(1,300テーマ)のデータと、NTTドコモが保有するデータとの連携による、オールアバウトが企業向けに提供するコンテンツマーケティング(※2)の強化。さらに共同広告商品の開発、販売をします。これらにより、個々のユーザーに対する情報流通の最適化と、企業向けマーケティングソリューションの進化を共に実現します。開始は2019年度を想定しています。
 

業務提携 2.

2018年6月より、オールアバウトが運営する「All About」、NTTドコモが運営する「dメニュー」等、両社が運営する各種メディアにおけるサービスの相互送客を開始します。さらに、両社において共同メディアの立ち上げを検討しています。
 

業務提携 3.

訪日外国人向けの日本情報サイト「All About JAPAN」(運営元:オールアバウト)および「WOW! JAPAN®」(運営元:NTTドコモ)のメディア、マーケティング双方における連携により、インバウンドビジネスの取り組みを強化・拡大します。
 
上記以外にも本提携を通じて、インターネット領域における様々な分野で両社のさらなる事業拡大を目指します。
 
※1:2018年1月実績、PC・スマートフォン・モバイル含む。
※2:見込み顧客に向け、継続的に有用な情報を提供することでその興味・関心を喚起し、購買意欲を高めるマーケティング手法。
※「dメニュー」「WOW! JAPAN」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
 

資本提携について

NTTドコモが、大日本印刷株式会社の保有するオールアバウトの普通株式を取得(取得総額は26億7,707万円)。本提携によるNTTドコモの議決権所有割合:16.00%になります。

 

会社概要

オールアバウト

所在地  : 東京都渋谷区恵比寿1丁目20番8号 エビススバルビル6F
代表者名 : 江幡 哲也
設立年月日: 1993年3月25日
事業内容 : 専門ガイドによる総合情報サイトの運営、インターネット広告事業、ECサイトの運営、
生涯学習事業
資本金  : 11億9,922万円
 

NTTドコモ

所在地  : 東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー
代表者名 : 吉澤 和弘
営業開始年月日: 1992年7月1日
事業内容 : 通信事業、スマートライフ事業、その他の事業
資本金  : 9,496億7,950万円
 

 
出典元

 

執筆/編集:PILES GARAGE


PILES GARAGEは、企業を支える「杭(PILES)」のような人材を育て、定期的にその「杭(PILES)」を磨く、“ガレージのような場所。
個の力を磨き何時いかなる時でもその力を発揮出来る人材に。

PILES GARAGEのサイトはこちら
https://piles-garage.com/

PILES GARAGEへのお問合せはこちら
https://piles-garage.com/contact

 

その他のおすすめ記事

DMMグループが非大卒育成事業「ヤンキーインターン」を運営するハッシャダイと資本提携

DMMグループが非大卒育成事業「ヤンキーインターン」を運営するハッシャダイと資本提携

株式会社CAMPFIREが札幌新陽高等学校と業務提携。教育課程をクラウドファンディングで支援

株式会社CAMPFIREが札幌新陽高等学校と業務提携。教育課程をクラウドファンディングで支援

ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社とフューチャーベンチャーキャピタル株式会社が、戦略的な新規事業創出をサポートする業務提携を開始

ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社とフューチャーベンチャーキャピタル株式会社が、戦略的な新規事業創出をサポートする業務提携を開始

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を1,980円~の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。

RELATIVE関連記事

キヤノン、宇宙ロケット参入へ 経営・財務戦略で新たな「成長軌道」に乗る

キヤノン、宇宙ロケット参入へ 経営・財務戦略で新たな「成長軌道」に乗る

複合機やカメラなどの事業で売上高の約9割を稼ぐキヤノンですが、異分野の宇宙事業に参入しようとしています。理由は経営戦略の一環として成長が鈍化

記事を読む

衰退する百貨店業界の1位 三越伊勢丹の経営戦略「主力店舗に集中投資へ」

衰退する百貨店業界の1位 三越伊勢丹の経営戦略「主力店舗に集中投資へ」

目次1 「衰退する百貨店業界の分析」シリーズ52 三越伊勢丹ホールディングスの概要3 三越伊勢丹ホールディング...

記事を読む

将来市場規模21億ドルのスマートスピーカー市場、IT企業参入の理由とは?

将来市場規模21億ドルのスマートスピーカー市場、IT企業参入の理由とは?

目次1 スマートスピーカー、2020年市場規模21億ドルか2 スマートスピーカーとは3 有力IT企業のスマート...

記事を読む

上場企業に求められている「サクセッションプラン(後継者育成計画)」とは?

上場企業に求められている「サクセッションプラン(後継者育成計画)」とは?

目次1 サクセッションプランで経営トップ後継者を育成・選定2 サクセッションプランとコーポレートガバナンス・コ...

記事を読む


COLLABORATION グロービス学び放題

レビンの組織変革プロセス

ENTERPRISE

RECOMMEND

MONTHLY RANKING