株式会社CAMPFIRE、地域特化型クラウドファンディング「FAAVO」を事業譲受

Pocket

株式会社CAMPFIRE(以下、CAMPFIRE)は、株式会社サーチフィールド(以下、サーチフィールド)が運営する地域特化型クラウドファンディングサービス「FAAVO(ファーボ)」の事業譲受に関して、基本合意に至ったことを発表しました。

 

国内No.1の掲載数、PV数を有するクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」及び地域活性型クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE × LOCAL(キャンプファイヤーローカル)」を運営するCAMPFIREが、宮崎県にサテライトオフィスを置くなど地域に根ざした挑戦を全国77エリアでサポートする「FAAVO」と「CAMPFIRE × LOCAL」2つのサービスを統合し、地域特化型クラウドファンディングサービスとして日本最大となる「FAAVO by CAMPFIRE(ファーボバイキャンプファイヤー)」を、2018年5月目処に提供を開始します。

 
本事業譲受により、CAMPFIREとFAAVOを合計したパートナー数は全国360団体(48の提携金融機関・52の提携自治体含む)、流通総額は56.4億円と、どちらも国内のクラウドファンディングサービスで最大となります。(※発表日時点)2020年までにパートナー数を現在の360から1,000まで拡大させ、より多くの現地事業者と連携することで、地域のクラウドファンディングの活用を促進します。
 

事業譲受の背景と「FAAVO by CAMPFIRE」について

CAMPFIRE × LOCAL及びFAAVOは、地域の民間企業、自治体、金融機関、報道機関などとの連携を積極的に進め、プロジェクトをサポートしてきた実績から地域の可能性を感じ、CAMPFIREは「小さな火を灯しつづける」、FAAVOは「まちでいちばん身近なクラウドファンディング」という、地域の大小様々な挑戦も支援するという互いの価値観に共鳴し、運営を統合することとなりました。また、本サービスの提供開始を機に、FAAVO事業責任者の齋藤隆太がCAMPFIREに経営陣として参画し、「FAAVO by CAMPFIRE」の責任者に就任します。
 

今後は、「FAAVO by CAMPFIRE」として、より充実したパートナー制度でさらなる地域プロジェクトを開拓し、地方金融機関との連携を進めていくと同時に、「CAMPFIREレンディング」によるソーシャルレンディングなど幅広い資金調達手段の提供や、ふるさと納税を活用したガバメントクラウドファンディングの推進及び「FAAVO by CAMPFIRE」と「polca」の連携を検討しており、クラウドファンディングを主軸とした多様なサービスを提供し、「FAAVO by CAMPFIRE」及び「エフバイジー」の2020年の年間流通金額は65億円を目指します。

 

すべての資金ニーズに応え、地域の活性化及びふるさと納税の活用を促進

CAMPFIREは、クラウドファンディング事業に加え、フレンドファンディングアプリ「polca(ポルカ)」や、評価型与信モデル融資「CAMPFIREレンディング」の運営など、「すべての資金ニーズに応える」ことを目的としたサービスを運営してきました。
この度、各地域を熟知した公式パートナーがプロジェクトのサポートを行う、CAMPFIRE運営の「CAMPFIRE × LOCAL」と、「まちから生まれるおもいをつなげる」をコンセプトにサーチフィールドが運営する「FAAVO」、2つの地域特化型クラウドファンディングを繋げ、地域からお金の流れをなめらかにすることを目指します。

 
同時に、FAAVOの姉妹サービスである、 ”自治体の取り組みで選ぶ” ふるさと納税ポータルサイト「エフバイジー(F×G)」の運営をCAMPFIREへ移管し、ふるさと納税制度を活用したガバメントクラウドファンディングサービスを展開。CAMPFIREのノウハウを自治体に還元することでふるさと納税の活用促進を行います。

 

「FAAVO by CAMPFIRE」開始に寄せて

株式会社CAMPFIRE 代表取締役社長:家入一真氏

僕たちは2年前の2016年3月に、”地域”に特化したクラウドファンディングサービス「CAMPFIRE × LOCAL」をリリースしました。今では、北海道から沖縄まで68の地域にパートナーを持ち、様々な挑戦をサポートしています。この動きをもっともっと活性化させていきたいと思っていた時に〈FAAVO〉の皆さんとディスカッションをする機会を得て、お互い共鳴する部分が非常に多い事を知りました。
 
<FAAVO>と<CAMPFIRE × LOCAL>は一つになり、<FAAVO by CAMPFIRE>という国内最大の地域特化型クラウドファンディングサービスとして動き始めます。そして、ふるさと納税を活用したガバメントクラウドファンディングや、多数の地域金融機関との提携による真の金融包摂の実現に注力していきます。
<FAAVO by CAMPFIRE>は、地域で声を上げようとする方々の、小さな火を灯し続けていきます。

 

株式会社サーチフィールド 「FAAVO」事業責任者:齋藤隆太氏

都市部にいる地方出身者が地元と離れていてもつながりを保てる仕組みがないこと、一度地元を出てしまうと地元での新しい関係値を築きにくくなる現実。「もっと、毎日、地元や地方のことを考えてアクションを起こすことを普通にしたい」。そう思いたち、「今の地元」に普段からアクションできるサービスとして立ち上げたのがFAAVOです。
 
私たちが立ち上げるよりも1年早くサービスインしていたCAMPFIREはいつも私たちの目標でした。特に「小さな火を灯しつづける」という言葉は、まさにFAAVOが取り組んできた地域の小さな案件を大切にする、そんなスタンスが強く感じられます。
 
FAAVOは、社会の誰でもがクラウドファンディングを使えるように、本気で地域に根ざしたインフラにしていくために、丁寧に寄り添う「まちでいちばん身近なクラウドファンディング」として、CAMPFIREとタッグを組んでこれからの地域社会をしっかりと見つめながら、リードしていきたいと思います。
 
「FAAVO by CAMPFIRE」開始に寄せて(全文):こちら

 

「CAMPFIRE」「FAAVO」サービス詳細

クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」

国内No.1の掲載数、PV数を有する購入型クラウドファンディングプラットフォーム。2011年より運営。
CAMPFIREはあらゆるファイナンスニーズに応えるべく、 “資金調達の民主化” をミッションに、 個人やクリエイター、 企業、NPO、大学、地方自治体など、様々な挑戦を後押ししています。
これまでに11,000件以上のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ46万人以上、流通金額は46億円に達しました。
CAMPFIREは、1人でも多く・1円でも多く、お金がなめらかに流通する世界を目指して、クラウドファンディング「CAMPFIRE」「FAAVO by CAMPFIRE」に加え「CAMPFIREレンディング」「polca(ポルカ)」を通じ、CAMPFIRE経済圏をつくって参ります。
 
クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」:https://camp-fire.jp
地域活性型クラウドファンディング「CAMPFIRE × LOCAL」:https://local.camp-fire.jp/

 

地域特化型クラウドファンディングサービス「FAAVO」

2012年6月に開始した地域に特化したクラウドファンディングサービス。地域を盛り上げるクラウドファンディングサービスをあまねく全国に広げるため、現地の事業者、行政、金融機関などと連携し、FAAVOの運営を委託するエリアオーナー制度を設けていることが最大の特長。約1500件のプロジェクト、約8.5億円を地域に還元。(※2018年3月現在)
 
地域×クラウドファンディングサービス「FAAVO」:https://faavo.jp

 

会社概要

会社名:株式会社CAMPFIRE
代表取締役社長:家入 一真
所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル5F
設立:2011年1月14日
資本金:11億6000万円 (資本剰余金含む)
事業内容:クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」、フレンドファンディングアプリケーション「polca」、評価型与信モデル融資「CAMPFIREレンディング」、アパレル製造プラットフォーム「STARted」などの企画・開発・運営。
URL:https://campfire.co.jp

 
会社名:株式会社サーチフィールド
代表取締役社長:小林 琢磨
所在地:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル3F
設立日:2008年7月28日
資本金:1,000万円
事業内容:ソーシャルゲーム等のイラスト制作代理サービス 「GIKUTAS(ギクタス)」、地域活性化に特化したクラウドファンディング「FAAVO」の運営。使いみちに特化したガバメントクラウドファンディングサイト「エフバイジー(F×G)」の運営。
URL:https://www.searchfield.jp

 
出典元

 

 

執筆/編集:PILES GARAGE
 

PILES GARAGEは、企業を支える「杭(PILES)」のような人材を育て、定期的にその「杭(PILES)」を磨く、“ガレージのような場所。
個の力を磨き何時いかなる時でもその力を発揮出来る人材に。
 
PILES GARAGEのサイトはこちら
https://piles-garage.com/
 
PILES GARAGEへのお問合せはこちら
https://piles-garage.com/contact

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を1,980円~の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。

RELATIVE関連記事

M&Aのメリットとは? 買い手側と売り手側の目的とは? M&A実務に必須の流れを押さえる

M&Aのメリットとは? 買い手側と売り手側の目的とは? M&A実務に必須の流れを押さえる

目次1 はじめに2 M&Aとは?3 M&Aのメリットとは?4 M&A買い手側の目的とは...

記事を読む

セブン&アイHDの強みと弱みとは? 選択と集中の経営戦略で収益力強化へ

セブン&アイHDの強みと弱みとは? 選択と集中の経営戦略で収益力強化へ

セブン&アイHDが選択と集中の経営戦略に乗っ取り、強みである金融やコンビニ事業、中国内陸進出を強化し、弱みであるスーパー事業をリスト

記事を読む

ヤマト、中国EC大手と提携で海外宅配強化 日本流の高品質サービスに「強み」 ヤマトの海外展開を解説

ヤマト、中国EC大手と提携で海外宅配強化 日本流の高品質サービスに「強み」 ヤマトの海外展開を解説

目次1 はじめに2 ヤマトHDの海外進出概略2.1 ヤマトHDの海外進出沿革2.2 ヤマトHDの事業概要2.3...

記事を読む

競争激化の化粧品業界の2位、カネボウを傘下に持つ花王

競争激化の化粧品業界の2位、カネボウを傘下に持つ花王

目次1 異業種参入で競争激しい化粧品業界分析シリーズ42 花王の沿革3 花王の事業セグメント別売上4 花王のニ...

記事を読む


COLLABORATION グロービス学び放題

X理論・Y理論

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING