TUNE-UP by another life. 「第18回:憧れの仕事を辞めてみるという選択」

TUNE-UP by another life. 「第18回:憧れの仕事を辞めてみるという選択」

Pocket

これからの時代を、自分が生きたいように生き抜くためのコラム「TUNE-UP」。人生経験のシェアリングサービス「another life.」が提供する様々な人生のパーツを組み立て、自分らしいキャリアや働き方を考えるキッカケを提供します。

 

第18回のテーマは「憧れの仕事を辞めてみるという選択」。誰しも夢は叶えてみたいもの。あこがれの仕事に就くための努力を惜しまないという方もたくさんいるのではないでしょうか。しかし、実際に夢がかなってみると、自分が思い描いていたものと違うと感じたり、さらなる困難が待っていることに気付いてしまったりすることもあります。

 

そこで今回は、another life.のインタビューを通して、一度夢を叶えたものの他の道に進む選択をした方の人生を見ていきます。

 

夢を叶えて感じたもの

「目指す場所と違う場所にきてしまった」

大薗翔さん(夢:カフェ開業→叶えた後のキャリア:無料悩み相談&掲示板サービス運営)

面白いゲームを作りたい、自分のお店を持ちたい、1対1で人に相談するようなことがしたい、という3つのやりたいことがあった大薗さん。自分で考えたものを形にすることが喜びだと気づき、新卒で企画・開発の両方に携われるアプリケーション開発会社に入社します。

 

しかし、仕事は楽しみながらも、徐々に個人作業ベースの仕事に物足りなさを感じ始めることに。もともと自分の店を持ちたいという思いを持っていたため、社会人2年目で自分の店を開店させました。

 

閉店の危機を乗り越え、余裕が出来たとき、お客さんと友達になれるようなお店、人から求められるような場所は確かに実現できていました。しかし、そこに自分はいないことに気付きます。売り上げや経営のことばかりを考えていたためにお客さんとの接点も少なく、家族の様な関係性を築いていたのも大薗さん以外のスタッフでした。

 

“改めて自分がしたかったことを考えてみました。すると、純粋に「自分の居場所が欲しかったこと」を思い出し、目指していた場所と違う場所へたどりついてしまったことに気づいたんです。”

 

“経営に専念して売上を伸ばし、店舗数を増やしていこうと周りに見せている自分と、自分の居場所が欲しかったことに気付いた自分のズレが日々大きくなり、次第に仕事が手につかなくなりました。

 

そしてついにそのギャップを抱えきれなくなり、周りに打ち明けたものの、自分の居場所が欲しくて作ったお店の常連たちからも「やると言ったことをやらなかった責任」を追求されて責められてしまいました。”

(another life.記事より)

 

最終的には、仕事・夢・人間関係すべての自信を失って店を閉めることにしました。

 

このケースでは、夢を実現できたものの、そのなかでの自分の在り方が思い描いていた姿にならなかったことが、夢から離れる原因でした。

 

「組織体制への疑問」

嶋崎真太郎さん(夢:消防士→叶えた後のキャリア:人材採用コンサル)

小さいころからスポーツ少年だった嶋崎さん。高校卒業を控えて将来の選択を迫られたときに子供のころからカッコいいと憧れてた消防士を思い出します。やっぱり消防士に憧れるなと思い、消防法が学べる法学部に進学しました。

 

しかし、大学では教授が黒板に書いた内容をノートに移すだけで、4年間いるのは時間もお金も無駄だと感じます。それならば早く消防士になろうと大学を中退し、消防士試験をのための資格専門学校に入学します。

 

在学期間が2年の資格専門学校で渡されたテキストを見て、小学校の計算から勉強する内容に愕然とします。ここでも時間の無駄と考え、半年で勉強を独学でマスターし、試験にも合格。念願の消防士になりました。

 

生きるか死ぬかを助けることに携われることにやりがいと達成感を感じ、天職と感じ日々邁進していきます。ただ、公務員特有の年功序列の世界に疑問を抱きます。

 

”努力をしなくても年数を経過すれば給与も上がり、努力をしてもそれは同じです。また組織で発言できるようになるまでは20年以上が必要になります。今までスポーツや勉強、進路についても、戦略を考えて自ら行動を起こし、ゼロから考え出すことをし続けてきたため、組織体系に疑問を感じてしまいました。”

(another life.記事より)

 

こうして夢だった消防士を7年で退職し、努力と成果で評価される民間企業への転職を決意します。

 

嶋崎さんは、夢だった消防士の業務内容は自分に合っているものの、職業としての特性が自分と合わなかったケースでした。

 

夢を手放してからしたこと

「かつての自分がターゲット」

大薗翔さん(夢:カフェ開業→叶えた後のキャリア:無料悩み相談&掲示板サービス運営)

 

閉店からずっと味方でいてくれた友人以外の誰とも関わらない半ひきこもり生活を始めた大薗さん。何かしていないといけないという感覚から熱中するものを探すも、大好きだったゲームでさえ、全く面白く感じなくなっていました。

 

自分が好きなことを通じて喜んだ経験をしていたからこそ、自分だけが楽しむゲームでは満たされなくなっていたことに気付きます。

 

”そこで、改めて自分が好きで、人も喜ぶものを探そうと考えるようになりました。そして思い浮かんだのは、お店の立ち上げから閉店までずっと支えてくれた友人の存在でした。人に相談することをしてこなかった僕の話を聞いてくれていたことで、自分自身少しでも救われたことが印象に残っていたんです。

 

同時に、インターネットで色々と探しているうちに、自分と同じように悩んでいる人はいるものの、時に掲示板などで厳しい意見を突き付けられ、傷ついている人を見かけることもあったんです。”

 

”次第に悩んだ人が誹謗中傷されずに受け止めてもらえる場所があったらいいな、と考えるようになりました。僕自身、お店が終わってからも一人の友人に支えられていましたし、この活動であれば、自分の経験を活かすことが出来ると思ったんです。「こんな過去が無かったらよかった」と思わないようになるんじゃないかと感じたんですよね。”

(another life.記事より)

 

人に話を聞いてもらって気持ちが軽くなる経験をしたことをふまえ、同じ経験をした人同士で気持ちを気軽にシェアできる場所を創ろうと考えます。そうして2年弱の引きこもり生活を終え、かつての自分のような人をターゲットに「友達として相談にのる」というコンセプトのWEBサービスを立ち上げました。

 

「支えてくれる人も注目されるべき」

嶋崎真太郎さん(夢:消防士→叶えた後のキャリア:人材採用コンサル)

 

7年間公務員だったため、他の職業をあまり知らなかった嶋崎さん。ふと、転職サイトを運営する会社はどこなんだろうと気になり、人材会社が運営していることを知ります。

 

これをきっかけに飲食の分野で人材会社に入社しました。上司や活躍している営業からのアドバイスを素直に聞いたり、勧められた書籍を読み込んだりしながら、1000人ほどの営業の中のトップセールスにまで登りつめます。

 

3年が経った頃、自分の力を試してみたいと転職を決意してから、短期間に転職を繰り返しました。そして、自分は組織に向いていないのではという思いを抱いて起業を目指し、縁あったベンチャー企業に出資を依頼します。結果、出資は断られましたが、営業推進をやらないかと声をかけられその会社に入社します。

 

そうして美容サロン事業と人材事業の統括、自ら考案した人事にフォーカスしたメディアの運営を担当するようになりました。

 

”民間企業に転身してから気付いたこと。成果を上げて評価されるということはフェアだなと考えていたのですが、営業を支えてくれる人事や営業事務の支えがあることは絶対に忘れてはいけません。成果が数字で目に見える営業や経営者は格好良くフォーカスされます。しかし、ここに疑問を感じていました。

 

人材事業を運営している今、支えてくれている人も注目されるべきだと考えており、「ヒト」の「コト」を考える人事に、「ジブン」の「コト」を見てもらいたいと考えました。”

(another life.記事より)

 

夢が思い描いたものと違った時にするべきこと

すべての物事が自分のイメージ通りにうまく運ぶわけではないように、憧れていた仕事でも思いがけないギャップはあるものです。そのギャップによって、夢だった仕事を続けることが苦しいと感じた時は、仕事を変えてみるという勇気も必要ではないでしょうか。

 

大薗さんは人に話を聞いてもらって楽になった自身の経験をもとに新たなサービスを立ち上げました。嶋崎さんは民間企業に勤めた経験で支える人の存在に気付き、人材事業で活躍する道を選びました。

 

仕事を変えるときには、自分の経験をもとにできることを考えてみたり、叶えられた夢と本来やりたかったことの差を突き詰めてみたりすると、次の目標を見つけやすいかもしれません。

 

関連記事

大薗翔さん https://an-life.jp/article/491

嶋崎真太郎さん  https://an-life.jp/article/673

 

執筆者:another life.編集部

 

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を1,980円~の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。

RELATIVE関連記事

社会に突き刺さる杭特集vol.2【経営者対談:「仕事と家庭」の未来を考える(2/2)】

社会に突き刺さる杭特集vol.2【経営者対談:「仕事と家庭」の未来を考える(2/2)】

目次1 子どもと過ごせる環境を作る2 リスクヘッジがあるから安心できる3 会社から自立する個人 「社会に突き刺...

記事を読む

300社以上のベンチャーを見てきた緒方氏が、世界で誰もやっていない“声”の事業を始めた理由【前編】

300社以上のベンチャーを見てきた緒方氏が、世界で誰もやっていない“声”の事業を始めた理由【前編】

目次1 Voicyの事業内容と声の事業を始めた理由2 緒方氏が五感をヒントに、声の事業を始めた理由3 声の事業...

記事を読む

TUNE-UP by another life.「第2回:仕事or家庭はもう古い?ワーキングマザーになってわかった”ライフスタイルの選択”」

TUNE-UP by another life.「第2回:仕事or家庭はもう古い?ワーキングマザーになってわかった”ライフスタイルの選択”」

目次1 育児はキャリアのハンデなのか?2 新しい命の誕生、キャリアの決断は?3 仕事×家庭がもたらすメリット4...

記事を読む

使命を持ったら起業家 〜なぜ原体験が大事なのか?〜

使命を持ったら起業家 〜なぜ原体験が大事なのか?〜

皆さんは、自分の人生をかけて解決したいと思える問題はありますか。   私はよく、仕事柄、どうすれば「...

記事を読む


COLLABORATION グロービス学び放題

ピラミッド構造

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING