ブログ

会社経営における税務調査について

会社経営における税務調査について

Pocket

税務調査で目をつけられる項目とは?

法人を前提にすると税務調査は、通常の場合三期分が対象とされます。
規模が大きくなると、国税局が担当しますし、国税庁査察部が入る場合は「脱税が悪質である」という情報と、その判断により調査が行われることになります。

通常の所轄税務署による税務調査の場合、大抵目を付けられる項目は限られています。
そのポイントを簡単にあげていきましょう。

 

①同族会社である場合、同族会社と役員との取引や、関係会社との取引における内容とその価格の合理性について

②人件費について、架空人件費的なものがないかどうか

③外注費と給与の区別について

④交際費とその関連費用との区分について

⑤通常発生しない取引項目について、固定資産の除却・売却が適正に計算されているかどうか(消費税計算を含めて)、棚卸資産等の評価損計上が適正かどうか

⑥組織変更について、その内容と経済的合理性の有無

⑦海外関係の取引について
海外関係については、税務調査では重点的に調査されるのが普通ですから、適切さを確保するように会計処理するとともに、所要の手続きを実施し、文書を作成しておくといった一連のプロセスを確実に実施することが肝要です。

 
 

編集:PILES GARAGE 編集部
 
整備士プロフィール

安村 雅己
株式会社mannaka/監査役
安村税理士オフィス/代表
会計税務等関与して35年。中堅企業や医療関係、非営利法人等多様な実務経験あり。
起業を起点として、会社の為、経営の安定成長を目指しています。
夢の共有がすべてだ。税務、会計のみならず法務、財務といった幅広い知見をフル活用。
一橋大学大学院博士前期課程修了の税理士、法学修士として、広範な問題に対応。
研究者、講師や監事、監査役も。戦う税理士としてクライアントの為に全力投球。

 

安村整備士のブログはこちら
麹町の新参者こと中年税理士―中小企業の「ホームドクター」

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を1,980円~の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。

COLLABORATION グロービス学び放題

損益計算書

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING