介護保険制度の課題、さらに深刻化か 制度の仕組みから解説

介護保険制度の課題、さらに深刻化か 制度の仕組みから解説

Pocket

進む高齢化で介護保険制度に課題

日本の全人口に占める高齢者の割合が25%を超え、ますます高齢化社会が進む日本では介護保険制度の課題も深刻化してきています。

 

ここでは、誰もがいずれ関わるであろう、日本の介護保険制度について分かりやすく解説していきます。

 

介護保険とは?

介護保険とは、国民健康保険同様、40歳になった月に国民全員が加入する制度(支払い義務がある)であり、加入することにより、介護を必要な人が適切な介護サービスを受けられる仕組みです。

 

以前(1990年代)では、「家族の問題」という意識が強かった介護にかかる家族の負担を軽減させるものでもあります。

 

介護保険で受けられるサービス

介護保険で受けられるサービスは以下の3つです。

 

在宅サービス

利用者が希望した場合、在宅サービスが提供されます。

 

支援サービス

利用者の依頼を受けたケアマネージャーや保健師などがケアプランを立てたり調整したりします。

 

施設サービス

利用者が施設入所を希望した場合に、施設サービスが提供されます。

 

介護保険の財源、半分は「税金」から支出

介護保険制度の財源は、保険料50%公費50%で運営されています。つまり、介護保険制度の財源の半分は「税金」から支払われています。

 

この介護保険制度の財源の半分を占める公費を細分化すると、25%都道府県12.5%市区町村12.5%の負担割合を負っています。介護保険制度の財源の50%を税金で担っているため、高齢化により介護保険の利用者が増加すると、それに比例して財政を圧迫してきます。

 

介護保険制度の改正で財政悪化防止

介護保険制度改正2005年

介護保険制度は、2005年に大きな制度改正が実施されました。この介護保険制度改革では、軽度者に対しては介護サービスではなく、重症化予防サービスを提供するという方針の下、実質的に給付の抑制を進める方向に進みました。

 

介護保険制度改正2014年

また、2014年の介護保険制度の改正では軽度者向けサービスの一部を全国一律の介護保険サービスから市町村の独自サービスに切り替えることになりました。

 

軽度介護者への支出抑制に

こうして介護保険制度における、軽度の介護者への支出が抑えられ、財政の悪化を防ぐ結果に繋がりました。

 

要介護認定の仕組みとは?

要介護認定とは?

要介護認定とは、どのくらい介護サービスを行う必要があるか、ということを検証することを言います。

 

要介護認定の検証の流れ

要介護認定の検証方法は以下の流れで行われます。

 

①訪問調査

利用者の心身状況をチェックする訪問調査

 

②一次判定

コンピューターで介護の必要度をチェックする

 

③二次判定

学識経験者による検討

 

④認定

利用者に結果が通知される。不服申立てをする事も出来る。

 

以上、要介護認定の検証は、この様な流れで行われます。

 

要介護認定の区分は7段階

また、要介護認定における区分は以下の7段階でランク付けが行われています。

 

Table 要介護認定における区分

 

それぞれの要介護の区分レベルによって、受けられる介護サービスの限度額が異なります。

 

介護保険の問題は深刻化か

これから、日本では高齢化が進むと言われています。高齢化が進むにつれて介護保険制度の矛盾(財政問題)がますます表面化してくることが予想されます。

 

また、両親等の介護のために離職を余儀なくされる「介護離職」も問題となっています。さらに、介護需要に対する介護人材の不足も、介護サービスの供給量の低下をもたらしており、介護保険にはこうした多くの問題が絡んでいます。

 

介護、介護保険の問題はいよいよ深刻化することでしょう。これを機会に、介護保険は身近な問題として、皆さんも高い関心を持たれることをお勧めいたします。

 

執筆者:パイルズガレージ編集部 牧野真也

編集者:株式会社mannaka

協賛 :株式会社エスネットワークス

 

財務・会計系コンサルティング会社。
ベンチャー企業やローカル企業にCFOコンサルティングを行っています。
「経営者の輩出」を企業理念とし会計や財務の実務支援能力だけでなく、 CFOとして求められる知識や経営センスをより短期間で身に付け、育成することを目指しています。
エスネットワークスは、「経営者の視点でニーズを掴み、経営者の視点で課題を解決し続ける、最強パートナー」を実現すべく、成長し続けています。

■エスネットワークスのサイトはこちら
株式会社エスネットワークス

■mannakaのサイトはこちら
株式会社mannaka

■PILES GARAGEのサイトはこちら
PILES GARAGE

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を980円~※の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。(※2018年3月31日ご受講開始分までのキャンペーン価格)

RELATIVE関連記事

富士フイルムの変化に応じた経営戦略、写真から医療に軸足 総合ヘルスケア企業へ 

富士フイルムの変化に応じた経営戦略、写真から医療に軸足 総合ヘルスケア企業へ 

目次1 はじめに2 富士フイルムの企業情報2.1 富士フイルムの事業内容 写真から転換2.2 富士フイルムの同...

記事を読む

マイナンバーカードが必要な理由とは? 本当に安全? 実はリスク「小」、メリット「大」

マイナンバーカードが必要な理由とは? 本当に安全? 実はリスク「小」、メリット「大」

目次1 マイナンバーカードを解説2 マイナンバーとは?3 マイナンバーカードが必要な理由とは?4 マイナンバー...

記事を読む

ベーシックインカムとは? メリットとデメリットとは? 新たな社会の幕開け、AIの失業問題を解決か? 

ベーシックインカムとは? メリットとデメリットとは? 新たな社会の幕開け、AIの失業問題を解決か? 

目次1 はじめに2 AIの社会について考えてみましょう2.1 AIの社会を描いた映画2.2 AIがもたらす我々...

記事を読む

AI診断、遠隔治療、介護ロボット ITで医療介護問題を解決へ

AI診断、遠隔治療、介護ロボット ITで医療介護問題を解決へ

目次1 はじめに2 日本政府がITに期待2.1 日本政府の未来投資会議、ITで医療・介護の効率化を提案2.2 ...

記事を読む


COLLABORATION グロービス学び放題

MECE

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING