TUNE-UP by another life.「第9回:新しいことにチャレンジしたい!“やりたいこと”の見つけ方」

TUNE-UP by another life.「第9回:新しいことにチャレンジしたい!“やりたいこと”の見つけ方」

Pocket

これからの時代を、自分が生きたいように生き抜くためのコラム「TUNE-UP」。人生経験のシェアリングサービス「another life.」が提供する様々な人生のパーツを組み立て、自分らしいキャリアや生き方を考えるキッカケを提供します。

 

第9回のテーマは「新しいことにチャレンジしたい!“やりたいこと”の見つけ方」。

 

「好きなこと」や「やりたいこと」を仕事にするのがトレンドになる一方で、いきなり「自分がやりたいことにチャレンジしろ」と言われても、具体的に何をすべきなのか、わからないのも無理はありません。

 

・やりたいことにチャレンジできている人が羨ましい
・今の暮らしや仕事には満足していないので、新しいことを始めたい
・今の仕事は辞められないが、プライベートで何かにチャレンジしたい

 

このような理由から、今の生活に物足りなさを感じながらも一歩踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。今の仕事を続けながら、最小限のリスクで「やりたいこと」に挑戦する方法を、another life.の人生インタビューから、実体験をもとに考えていきます。

 

日常で感じる小さな疑問や不満と向き合う

どんな人でも、仕事や生活の中で不満や疑問を感じるもの。自分の中のモヤモヤを解決できるようなプロジェクトが実現できれば、人生の満足度は自然と高まります。

 

「やりたいことの規模感は、“ありがとう”を何人から言われたいか」
東松 寛文さん(リーマントラベラー/広告代理店勤務)

 

平日は広告代理店の営業として激務をこなしながら、“リーマントラベラー”として週末に世界中を旅する東松さん。活動を始めたきっかけは、仕事で影響を与えられる範囲への疑問でした。

 

先輩が投稿したSNSの投稿が目に留まりました。「タレントのPRやりました」「新聞にでかい広告載せました」みたいな内容に「いいね」が200人くらい付けられていました。それを見たとき、「面白いことやってるのに、反響はこんなもんなんだ」って、なんだかがっかりしたんです。

 

自分のやりたいことの規模感って、「ありがとう」を何人から言われたいかだと思うんです。せっかくなら、同じ時代に生きている人みんなに言われたら超最高じゃんと思ったんです。

 

僕が満足できるような反響を得るには、会社の枠を超えたスーパークリエイターになるしかないと思ったんです。それからは、会社の外でできることを探すようになりました。仕事が忙しいにもかかわらず、わざわざ行きまくっている海外旅行に何かヒントがあるかもしれないと直感し、なぜ僕はわざわざ旅に行っているのか真剣に考えるようになりました。
(another life.記事より)

 

広告よりも更に多くの人へ価値を提供できる活動をしたいという想いから、海外旅行を手段として活用することを考え始めた東松さん。多くの人へ価値を届けたい人は、興味を持つ母数が多いトピックから活動内容を考えるのもいいかもしれません。

 

「限りある人生の中で、会社の仕事だけをしている場合じゃない」
倉増 京平さん(情熱に狂った人の支援/マーケティング)

 

マーケターとして働きながら、社会課題を解決する団体にも関わる倉増さん。活動を始めたきっかけは、「会社の仕事だけをしている場合じゃない」という、ある種の危機感でした。

 

そんな時、心臓に異変が見つかりました。29歳でした。手術の成功確率は7割。7割ということは、裏を返せば3割の確率で死ぬわけです。「ガビーン」っていう感じで、最初は意味が分かりませんでした。自分が死ぬなんてピンとこないですから。

 

幸いなことに、手術は無事成功しました。生きてるって大事だなと思いましたね。だからこそ、生きている間の時間を何に使ったらいいのか、しっかりと考えるようになりました。

 

出世のために自分を殺してまで生きるのはしんどい。もっと違うことにチャレンジしてみようという気持ちが、ぼんやりと湧き上がってきました。

 

それから「会社のために頑張る」というのは少なくなりました。手を抜いているわけじゃありません。ただ、限りある人生の中で、会社の仕事だけをしている場合じゃないと思い始めたんです。さらに、東日本大震災を経験してからは、社会課題に目が向き始めました。震災を境に、多くの人が社会活動に取り組み始めていました。
(another life.記事より)

 

ご自身の手術と震災がきっかけで、生き方を見つめ直した倉増さん。やりたいことが見つからない人は、スケールの大きな「社会問題」を切り口にするのもいいかもしれません。一度足を踏み入れてから、その中で自分の興味のある分野へ深めていくこともできます。

 

疑問や不満を解決するためのアクションの起こし方

自分の中の不満や疑問を整理したおふたりは、具体的にどんな方法で想いをかたちにしていったのでしょうか。

 

「国内外のあらゆる情報を調べて企画を考える」
東松 寛文さん(リーマントラベラー/広告代理店勤務)

 

僕が発信することで、より多くの人が生きる選択肢を知り、自分らしく生きることにつなげたい。

 

ただ海外に行くだけでは、他のトラベラーと差別化はできません。「リーマントラベラー」×「コンテンツクリエイター」として、面白いコンテンツをつくるため、国内外のあらゆる情報を調べて企画を考え始めました。

 

2017年にはリーマントラベラーTシャツを販売し、600枚以上が完売。今はそのTシャツを購入して頂いた方全員で全世界193カ国制覇に挑戦していて、海外に行った際にTシャツを着て写真を撮ってきてもらっています。この企画は始めてから4ヵ月で72カ国制覇、のべ200人の写真が集まりました。
(another life.記事より)

 

趣味だった海外旅行を、より多くの人から「ありがとう」と言ってもらうための手段へ変えた東松さん。差別化するためのコンテンツを自ら企画し、巻き込む人数を増やしていきました。

 

「マーケティングを社会問題の解決に活かす」
倉増 京平さん(情熱に狂った人の支援/マーケティング)

 

何が起きているのか知りたくて、社会活動に関わるイベントや講演会に参加して、情報を集めました。

 

35歳を過ぎる頃には、世の中にある色々な課題が見えてきて、自分にも何かできるんじゃないかと考えるようになりました。僕は仕事で、多くの大手企業と関わります。大企業のマーケティング活動と社会活動をマッチングさせることができれば、社会課題を解決していけるんじゃないかって思ったんです。

 

彼らはどういう思いで行動し、何に困っているのか知るため、NPOや社会起業家の人たちと直接話をして、いくつかの団体では、実際に中に入って仕事をするようになりました。
(another life.記事より)

 

自分の想いと重なる団体へジョインするようになった倉増さん。社会問題というスケールの大きなチャレンジでは、一人で行動を起こすよりも、自分の方向性と重なる活動を見つけるほうが実現可能性が高まるかもしれません。

 

やりたいことは身の回りに転がっている

働き方が多様化した現代だからこそ、より多くの人が挑戦できる環境ができています。働きながら、限られた時間の中で新しいことに挑戦するには、エネルギーが必要。だからこそ、自分が問題意識・想いを抱いているテーマがふさわしいのです。

 

向き合えるテーマを見つけられたら、まずは一歩踏み出しましょう。最初の一歩は人に会いに行くことでも良いかもしれません。倉増さんが自分の強みを社会課題の解決に活かそうと思ったのも、講演会やイベントがきっかけでした。似たような想いを持つ人と交流することによって、自分のアイデアを客観的に見ることができたり、共に活動する仲間と出会えることもあります。

 

新しいことに挑戦したい方は、ぜひ一度日々の暮らしの中のモヤモヤを様々な角度から見つめ直してみてください。

 

関連記事
東松 寛文さん
https://an-life.jp/article/967

倉増 京平さん
https://an-life.jp/article/864

 

執筆者:another life.編集部

 

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を1,980円~の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。

RELATIVE関連記事

TUNE-UP by another life.「第6回:フリーランスは本当に自由なのか?」

TUNE-UP by another life.「第6回:フリーランスは本当に自由なのか?」

目次1 企業で働くのは、ベストな選択ですか?2 フリーランスのメリット・デメリット3 フリーランスを続ける人も...

記事を読む

AI診断、遠隔治療、介護ロボット ITで医療介護問題を解決へ

AI診断、遠隔治療、介護ロボット ITで医療介護問題を解決へ

目次1 はじめに2 日本政府がITに期待2.1 日本政府の未来投資会議、ITで医療・介護の効率化を提案2.2 ...

記事を読む

オプト、オープンイノベーションを目的としたデザインイノベーションファームを設立

オプト、オープンイノベーションを目的としたデザインイノベーションファームを設立

目次1 「Studio Opt」の取り組み2 会社概要3 その他のおすすめ記事3.1 グロービスとCreww、...

記事を読む

CVCの目的、メリットやデメリットとは? 大企業の投資事例まとめ

CVCの目的、メリットやデメリットとは? 大企業の投資事例まとめ

目次1 大企業のVB投資が活発2 コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)とは?3 CVCの投資形態とは?4...

記事を読む


COLLABORATION グロービス学び放題

貸借対照表

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING