投資初心者には「NISA」より「つみたてNISA」がオススメ 違いや向いている人とは?

投資初心者には「NISA」より「つみたてNISA」がオススメ 違いや向いている人とは?

Pocket

 投資初心者でも利用しやすい「つみたてNISA」

将来に向けて投資を始めてみたい、投資についてまったく知識はないけど興味がある。そんな人にオススメの新制度「つみたてNISA」(“ニーサ”と読みます)が2018年1月より始まります。後ほど詳しく説明しますが、投資初心者にとって利用しやすい仕組みとなっています。今回の記事ではつみたてNISAについてわかりやすく解説していこうと思います。

 

また、投資初心者でつみたてNISAに関心がある方々向けの解説を2本立てのシリーズでお届けしております。第一弾の本記事はまずつみたてNISAの仕組みや特徴、NISAとの違いなど概要を分かりやすく解説します。そして、第二弾の記事ではつみたてNISAの使い方として導入されている「職場つみたてNISA」を働きながら投資を始めたい方々に向けて解説しています。

 

  1. 投資初心者には「NISA」より「つみたてNISA」がオススメ 違いや向いている人とは?
  2. つみたてNISAを使った「職場つみたてNISA」とは? 金融庁、家計現預金を投資へ

 

つみたてNISAとは何か?

つみたてNISAとは、NISA(小額投資非課税制度)の新しい枠組みであり、積立投資によって得た利益が非課税になる制度のことです。つみたてNISAは金融庁によって、より多くの人に投資を始めてもらうことを目的に作られました。

 

※積立投資とは、あらかじめ自分で決めておいた金融商品を同じ金額分、決まったタイミングで定期的に購入する投資方法です。

 

 

つみたてNISAの利用方法は?

つみたてNISAは、20歳以上(利用する年の1月1日時点)で日本に住んでいる人なら誰でも利用できます。この制度を利用するためには、つみたてNISAを扱っている証券会社や銀行、郵便局などの金融機関で専用の口座を開設する必要があります。また、現時点では一般NISAと併用することはできません。

 

つみたてNISAの3つの特徴

つみたてNISAの特徴① つみたてNISAを通じて得た運用益が非課税

つみたてNISAの口座を通じて投資した金融商品運用益が非課税になります。通常、投資によって運用益が出た場合、20.315%の税金がかかります。しかし、つみたてNISAを利用して得た利益に対する税金は丸々免除されます。

 

つみたてNISAの特徴② 非課税の投資枠が年間40万円、非課税期間20年間

つみたてNISAでは年間最大40万円まで投資が可能です。また、投資した商品が非課税となる期間は20年間です。例えば、2018年中に投資した商品を持ち続けた場合、毎年の運用益が非課税になるのは2037年12月末までです。つみたてNISAは2018年に制度が開始され2037年まで続きます。

 

 

つみたてNISAの特徴③ 運用できる金融商品は金融庁が認めるもののみに限定

つみたてNISAで運用できる商品は、金融庁が認める長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託、ETF(上場投資信託)のみです。

 

つみたてNISAで運用できる金融商品は「販売手数料が低く」「リスクが小さい」

さらに、つみたてNISAで運用される商品は販売手数料がかなり低く設定されており、リスクの小さいものが選ばれています。現在、つみたてNISAで利用できる金融商品は114本です。

 

投資信託とは

投資信託とは、“投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品”(投資信託協会より引用)のことです。

 

 

ETFとは

また、ETFとは投資信託の一種で、株式のように市場で取引することができる投資信託です。

 

NISAとつみたてNISAの違いは?

現行のNISAとつみたてNISAの違いはいくつかあります。以下の表がNISAとつみたてNISAの違いをまとめたものです。

 

NISAとつみたてNISAの違い① 買える金融商品が異なる

現行のNISAとつみたてNISAでは買うことができる金融商品が異なります。NISAは取り扱いできる商品の選択肢が多いのに対して、つみたてNISAは金融庁の基準を満たしたものしか扱うことができないため選択肢はかなり絞られています。

 

NISAとつみたてNISAの違い② 商品の買い方

つみたてNISAは上記の通り積立でしか投資することができません。一方で、NISAは積立投資も一括投資も可能です。

 

NISAとつみたてNISAの違い③ 年間の投資額の上限

NISAでは年間120万円まで投資できるのに対して、つみたてNISAの上限額は年間40万円です。

 

NISAとつみたてNISAの違い④ 商品を非課税で保持できる期間

NISAを通じて買った商品の利益は5年間非課税です。一方、つみたてNISAでは20年間非課税で商品を保有することができます。

 

NISAとつみたてNISAはどのような人に向いているか?

NISAとつみたてNISAに向いている人はそれぞれ以下のようになります。

 

まず、NISAは①投資できる商品の幅が多い、②積立投資も一括投資もでき自由に売買できる、③年間120万円まで投資が可能という条件を考慮して、現在まとまった資金を持っていて年間40万円以上投資できる、かつ、自分で判断して投資をしたい人向きの制度です。

 

一方、つみたてNISAは①金融庁の厳しい審査をクリアした積立・分散投資に向いた商品しか扱っていない、②積立投資での運用、③年間40万円という点でまだ投資をしたことがない人に向いています。

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)との違いは?

NISA、つみたてNISAと似たような制度にiDeCo(個人型確定拠出年金)があります。iDeCoとは個人が自分の老後の年金を準備するための制度です。月々、同じ掛け金を積み立て、あらかじめ決めた金融商品で運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取ります。
iDeCoとつみたてNISAの共通点は、積立投資を行えることと運用益が非課税になることです。iDeCoはこれに加えて、掛け金の分が所得税と住民税から控除されます。また、iDeCoは老後の資産形成を目的に作られた制度なので60歳まで引き出すことができません。若くて課税される所得がある人は掛け金が所得から控除されるiDeCoが有利です。

 

投資未経験者はつみたてNISAで始めるのがオススメ

つみたてNISAは長期の積立投資を行うための制度です。現時点であまり貯金がなくこれから資産を形成していきたい人、対象の商品が厳選されているため投資に対してあまり知識、経験がない人に向いています。投資に興味があるけど何から始めたらいいのかわからない人は、つみたてNISAを利用して投資を小額から始めてみるのがオススメです。

 

 

執筆者:パイルズガレージ編集部

編集者:株式会社mannaka

協賛 :株式会社エスネットワークス
 

財務・会計系コンサルティング会社。
ベンチャー企業やローカル企業にCFOコンサルティングを行っています。
「経営者の輩出」を企業理念とし会計や財務の実務支援能力だけでなく、 CFOとして求められる知識や経営センスをより短期間で身に付け、育成することを目指しています。
エスネットワークスは、「経営者の視点でニーズを掴み、経営者の視点で課題を解決し続ける、最強パートナー」を実現すべく、成長し続けています。
 

エスネットワークスのサイトはこちら
株式会社エスネットワークス

mannakaのサイトはこちら
株式会社mannaka

PILES GARAGEのサイトはこちら
PILES GARAGE

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を1,980円~の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。

RELATIVE関連記事

リキャップCBはなぜ選ばれるのか? 過去の事例の紹介と検討

リキャップCBはなぜ選ばれるのか? 過去の事例の紹介と検討

目次1 はじめに2 リキャップCBとは?3 リキャップCBの過去の事例3.1 リキャップCBの過去の事例①「日...

記事を読む

資金調達や資産運用の新たな選択肢、ソーシャルレンディングの仕組みを解説

資金調達や資産運用の新たな選択肢、ソーシャルレンディングの仕組みを解説

フィンテックが生んだ資金調達や資産運用を担う新たな金融手法「ソーシャルレンディング」が注目されています。曖昧にされがちな現在のフィンテックに

記事を読む

金融市場の活性に貢献 REITで有名な不動産証券化とは?

金融市場の活性に貢献 REITで有名な不動産証券化とは?

目次1 はじめに2 不動産証券化の定義と仕組み3 不動産証券化のメリット4 不動産証券化の特徴5 不動産証券化...

記事を読む

グルメサービスRettyへYJキャピタルが資本参加。およびヤフーとの戦略的パートナーシップを構築

グルメサービスRettyへYJキャピタルが資本参加。およびヤフーとの戦略的パートナーシップを構築

目次1 YJキャピタルによる資本参加の目的2 戦略的パートナーシップ構築の背景と内容3 「Retty」について...

記事を読む


COLLABORATION グロービス学び放題

X理論・Y理論

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING