ブログ

売上と仕入の計上基準についての注意点~経営管理と税務調査の観点から①~

売上と仕入の計上基準についての注意点~経営管理と税務調査の観点から①~

Pocket

売上計上基準についての注意点について

売上と仕入は経営活動では最重要な活動だということは、御存じの通りです。
今回は売上に関してとりあげ、次回仕入についてとりあげます。
 
売上については、2つの計上基準があります。(建設業とソフトウェア業を除く)
 
出荷基準
商品等が、自社の倉庫から出荷された日に売上を計上するものです。
具体的には、請求書をはじめとして、出荷指示書や出荷伝票などによります。
 
検収基準
納品先がその商品等を、検収した日に売上を計上するものです。
具体的には、請求書(控え)をはじめ、納品先の納品受領書(控え)や検収済み報告書などによります。
最終的には、会計期末の取引が問題となってきます。
決算の場合、請求書を原則として、締日との関係で、上に述べたような書類で補足して追加計上をするのが、会計上も税務上も望ましいのですが、実務上の便宜を図って、毎期継続して、同じ締日で、売上を計上することも、税務上認められています。
取引先ごとに事情があるでしょうからいずれの計上基準でも構いませんが、継続的に採用した基準を適用することが大切になってきます。
というのは、基準を変更して、売上の期間帰属やその金額を代えることなどにより、期間利益に影響を与えることになるからです。
 
このことは、税務調査でも問題になってきます(もちろん変更理由を説明できれば、そんなに心配することはありません)。
経営管理の観点からも、計上基準あるいはその具体的実務を変更する場合も、架空売り上や一時的な資金の流用や売上の漏れなど、不正の温床となりやすいので、内部統制上も問題が多いので、注意が必要です。
 
次回は仕入についてみますが、会計学と税法の収益と費用の基本的考え方も簡単に説明をします。
 
Cf.建設業等については、工事進行基準という発生主義に基づく、工事進行基準と、反は倍基準の適用とされる工事完成基準の二つがあり、一定の条件を満たすと、工事進行基準が強制適用となりますので、会計上も税務上も注意してください。この基準は適切な経営成績の把握(利益の早期計上)を意図して採用されていますが、結果として税務上は課税所得の早期の把握ということにつながります。
 
 
編集:PILES GARAGE 編集部
 
整備士プロフィール

安村 雅己
株式会社mannaka/監査役
安村税理士オフィス/代表
会計税務等関与して35年。中堅企業や医療関係、非営利法人等多様な実務経験あり。
起業を起点として、会社の為、経営の安定成長を目指しています。
夢の共有がすべてだ。税務、会計のみならず法務、財務といった幅広い知見をフル活用。
一橋大学大学院博士前期課程修了の税理士、法学修士として、広範な問題に対応。
研究者、講師や監事、監査役も。戦う税理士としてクライアントの為に全力投球。
 
安村整備士のブログはこちら
麹町の新参者こと中年税理士―中小企業の「ホームドクター」

Pocket

プレゼンテーションの極意

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING