受け身の新人の作り方…!?

受け身の新人の作り方…!?

Pocket

「新人って、最初はいいけど、最初だけなんだよなぁ…あとはずっと受け身で、育成・指導が大変…」

 

なんて思うことはありませんか?

 

でも、なぜ、受け身の新人ができあがってしまうのでしょうか? 新人たちは元々、受け身人間だったのでしょうか?

 

もしかすると、それはあなたの新人に対しての指示の出し方に原因があるかもしれません…短い期間で、挫折と成功体験を繰り返させ、「本気を出せる自分」に気付き、達成意欲、行動力を醸成する。そのために、短期的・具体的目標を設定する必要があります。新人が「目標に責任を持ち、自ら進んで仕事をする」その具体的な育成のステップをお伝えします。ぜひあなたの会社に入ってきた大切な大切な新人育成にお役立てください。

 

 

新人に対しては、まず短期的・具体的目標を設定する

なぜ、短期的・具体的な目標を設定することが大切なのですか?

 

一言でいうと、新人が受け身にならない環境をつくるためです。例えば、新人が現場に配属された時、「半年後には、この部署のメンバーと同じ仕事ができるようになってくださいね!」という目標を伝えたとします。

 

すると、「分かりました!私、頑張ります!!(キラキラ)」と、新人は言うかもしれませんが、この伝え方で、今週1週間で何を達成するのか、を考え、目標に向かって今日から自分が行動すべきことを、決めることのできる新人はなかなかいません。おそらく、中途採用の方であっても、難しいと思います。

 

なぜならば、「半年」という期間は入社間もない新人には、長期的すぎ。そして、「この部署のメンバーと同じ仕事ができるようになる」では、あまりにも抽象的でイメージできないからです。ですから、どれほどやる気のある新人でも、最初の言葉はこうなります。

 

「わかりました!それでは、まず何から始めたらいいですか?」

 

これが受け身の部下の始まりですね。。。

 

やる気と一歩踏み出す勇気を引き出した後に必要な事は、このケースとは逆の「短期的で具体的な目標」を設定することが大切なのです。

 

 

新人に短期的・具体的な目標を設定する方法

 

例えば、「1週間、名刺交換枚数のレース」などはどうでしょうか?(ちなみに私が前職でやりました。。)飛び込み訪問や、駅とかで名刺交換をお願いするアレです。とにかく、1週間でどれだけ多くの名刺交換ができるか、を競います。ただ、それだけです。

 

しかし、目標達成のためにまず自分が何をするべきなのか考えやすく、少しの工夫が結果に表れるため、自分で考える力や、自分で考えるクセを身につけることができます。その過程の中で、小さな挫折と小さな成功体験をたっぷり経験し、成果に繋がることで、「本気で考え、本気でやれば自分にも成果が出せるんだ!(喜)」ということに気付いてもらえます。(私がやった時は、とにかくうまくいっている人を徹底的に真似しました。プライドを捨てて、とにかく真似しました。その結果、最優秀賞を取れました。汗も涙も流し、本当に大変でしたが、自信や感謝の気持ちが短期間で生まれました。)

 

競争性やチーム制を導入することで、組織への感謝の気持ちや貢献性も作ることができるのです。

 

でも、こんな声も聞こえてきそうです。。「まぁ、営業では、競争の仕組みや短期的・具体的な目標設定がしやすいけれど、営業以外の部署では難しいよね…」という声です。

 

営業以外の部署では難しい…そんなことはありませんよ! どのような部署・業種・業界でも競争は取り入れることはできます。ですよね?例えば弊社の新人研修では、ビジネスマナー研修の中で、競争を取り入れています。そうです。ただのビジネスマナー研修です。

 

 

営業職以外でも、競争をさせる具体的な新人育成方法

どのようにするのかというと、 マナーのトレーニングを通じて、具体的目標設定をして、チームごとにポイント獲得を競う、という仕組みを取り入れます。一番気持ちの良い挨拶ができたら1ポイント。敬語のテストにチーム全員で合格できたら3ポイント。一番チャレンジングな発表(?)をしたチームには5ポイント、などなど。

 

競争となるとみんな必死になります。すると最後には、どんな風になるかというと、みんなどうしても発表をしたくて、「はい!はーい!私、発表しまーす!」と、全員立ち上がり、果てはぴょんぴょんジャンプし始める新人も出てきます…ただのマナー研修ですよ?(笑)(想像できないかもしれませんが、本当です…)

 

 

新人には短い期間で、挫折と成功体験を繰り返させる

短期的で具体的な目標設定によって、目標に対する責任感や達成意欲を引き出すことができるのです。ポイントは、短い期間で、挫折と成功体験を繰り返すこと。そして「本気を出せる自分」に気付き、達成意欲、行動力を身につけること、です。これは、中途採用でも一緒です。ぜひ、取り入れてみてくださいね。

 

あなたがどこでも通用するような人材となるヒントとなれば幸いです。

 

 

 

記事 / 株式会社FCEトレーニング・カンパニーと株式会社mannakaの共同作成記事です。
執筆者 / 中村 天大
編集者 / 株式会社mannaka

組織デザインコンサルティング会社。
FCEトレーニング・カンパニーには、「働くをおもしろくする」研修が、あります。
3,000以上もの組織・チームから見出した「成果を出す組織の原理原則」と、世界的ベストセラー『7つの習慣』をよりビジネスシーンにフォーカスした「7つの習慣(R)InnovativeMind」研修を提供しています。
2013年から5年連続で、「働きがいのある会社ランキング」ベストカンパニーにも選出を頂きました。

 

■FCEトレーニング・カンパニーのサイトはこちら
​​株式会社FCEトレーニング・カンパニー

■mannakaのサイトはこちら
​株式会社mannaka

■PILES GARAGEのサイトはこちら
​PILES GARAGE

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を980円~※の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。(※2018年3月31日ご受講開始分までのキャンペーン価格)

RELATIVE関連記事

現代社会にみる「欲しがられる人材」とはーエスネットワークス 下村氏 × mannaka 柴田 対談【後編】

現代社会にみる「欲しがられる人材」とはーエスネットワークス 下村氏 × mannaka 柴田 対談【後編】

目次1 失敗をしてもいいから、新しいことにチャレンジする2 自分を活かすには、失敗を恐れないこと3 組織を形作...

記事を読む

仕事ができるビジネスマンのホウレンソウ

仕事ができるビジネスマンのホウレンソウ

目次1 仕事ができるビジネスマンのホウレンソウのスピード2 仕事ができるビジネスマンは、うまく進捗している業務...

記事を読む

1枚の提案書のために、100枚の提案書を作る

1枚の提案書のために、100枚の提案書を作る

目次1 1枚の提案書のために、100枚の提案書を作る2 提案は準備8割3 相手との合意を積み重ねる提案、クロー...

記事を読む

中国事業で空前の絶好調 「伊藤忠商事成長の秘密は人にあり。」

中国事業で空前の絶好調 「伊藤忠商事成長の秘密は人にあり。」

目次1 伊藤忠商事、上場来最高値更新 要因は中国事業2  伊藤忠商事の概要3 伊藤忠商事の中国での強さ3.1 ...

記事を読む


COLLABORATION グロービス学び放題

MECE

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING