川崎重工の強みとは? 重工業界トップのROE 航空宇宙分野で高成長

川崎重工の強みとは? 重工業界トップのROE 航空宇宙分野で高成長

Pocket

はじめに

2017年5月12日(金)の日本経済新聞に、川崎重工業株式会(以下、川崎重工)が高速船を25年ぶりに建造したと報じられました。川崎重工や三菱重工など重工と呼ばれる企業は、船や鉄道などの巨大な建造物を造っているイメージです。

 

今日はそんな川崎重工や川崎重工が関連する業界について解説していきます。

 

川崎重工の競合他社との比較

川崎重工、三菱重工、IHIを比較

Table 1 川崎重工と競合他社の財務情報(各社2017年3月期の決算短信を参照)

 

重工と聞いて、真っ先に三菱重工業株式会社(以下、三菱重工)が頭に思い浮かんだ人が多いと思います。実際、川崎重工も三菱重工も航空宇宙関連、船舶関連、産業機械を扱っているため、業界としては競合他社となります。また、株式会社IHI(以下、IHI)もエネルギー資源や海洋、社会基盤の技術をもっているため、重工業の産業では日本を代表する企業となります.

 

三菱重工、重工業界総合一位

Table 1に川崎重工、三菱重工、IHIの財務情報を載せました。三菱重工は川崎重工、IHIの売上の約2倍の売上を計上しており、営業利益に関しては約3倍あります。業界ではダントツNo.1の実績です。

 

川崎重工、ROE6%で重工業界一位

一方、川崎重工は投下資本に対する収益性を重視しており、2017年3月期のROEに関しては川崎重工が最も収益性が高くなりました。

 

川崎重工の事業分析 航空宇宙事業に注力

川崎重工の事業分析 見えてくる強みと課題

続いて川崎重工の各事業の売上高、収益性、成長性を比較したグラフをFigure 1に示します。

 

Figure 1 川崎重工の各事業の売上高(円)、収益性、成長性の比較

(2017年3月期の決算短信を参照。成長性は2012年度の売上と比較した年平均の成長率。船舶海洋事業は本年度のみROICが大きくマイナスのため来期予想を用いた。)

 

主要経営指標比較 ROE、ROIC、ROA

重工業はプロジェクトの始めの投下資本が大きく、有利子負債で資金調達することが多いため、川崎重工では収益性の指標としてROICを使っています。ROICはNOPAT(税引き後の営業利益)を投下資本(株主資本+有利子負債)で割ったものです。ROE、ROAとの比較をTable 2に示します。

 

Table 2 収益性の指標

 

川崎重工の強み 航空宇宙事業は売上高、成長性、収益性で全事業No.1

川崎重工は航空宇宙やモーターエンジンでの売上高が大きく、中でも航空宇宙の売上高年平均成長率が8%以上、ROICが15%以上であり、成長性、収益性共に高い事業です。ROICが15%であるため、7年ほどで投資額を回収できる計算であり、その宇宙航空が20%の売上を占めています。

 

川崎重工、鉄道はインドプロジェクト難航で伸び悩み

車両(鉄道)に関しては、2016年12月にインドでの鉄道インフラ事業のプロジェクトで、インド側と価格の交渉で難航するなどの理由で成長率、収益性共に他の事業に比べて低い値となっています。

 

川崎重工、厳しい造船 リストラと海外転換で起死回生か

世界貿易量の伸びが鈍化しているため、厳しい造船市況が続いている影響で、川崎重工は、ここ2年間に造船事業に減損が計上され、今年のROICは-23%となりました(Figure 1の値は来年の予想)。業界の低迷のため、工場の閉鎖や国内建造の縮小・中国シフトにより来期以降、ROICは改善すると決算発表では説明しています。

 

川崎重工のまとめ

以上、川崎重工について解説しました。一般に、企業の収益性の判断の際には、ROEや売上高営業利益率を用いることが多いのですが、有利子負債を元手に巨大な設備投資をする場合、ROICなどの指標も使うので、指標の意味をしっかり押さえておきましょう。

 

 

執筆者:パイルズガレージ編集部 嶋本幸之助

編集者:株式会社mannaka

協賛 :株式会社エスネットワークス

財務・会計系コンサルティング会社。
ベンチャー企業やローカル企業にCFOコンサルティングを行っています。
「経営者の輩出」を企業理念とし会計や財務の実務支援能力だけでなく、 CFOとして求められる知識や経営センスをより短期間で身に付け、育成することを目指しています。
エスネットワークスは、「経営者の視点でニーズを掴み、経営者の視点で課題を解決し続ける、最強パートナー」を実現すべく、成長し続けています。

■エスネットワークスのサイトはこちら
株式会社エスネットワークス

■mannakaのサイトはこちら
株式会社mannaka

■PILES GARAGEのサイトはこちら
PILES GARAGE

Pocket

RELATIVE関連記事

キヤノン、宇宙ロケット参入へ 経営・財務戦略で新たな「成長軌道」に乗る

キヤノン、宇宙ロケット参入へ 経営・財務戦略で新たな「成長軌道」に乗る

複合機やカメラなどの事業で売上高の約9割を稼ぐキヤノンですが、異分野の宇宙事業に参入しようとしています。理由は経営戦略の一環として成長が鈍化

記事を読む

東芝とウエスタンデジタルの交渉傾向-メモリー事業の3D NAND技術の魅力

東芝とウエスタンデジタルの交渉傾向-メモリー事業の3D NAND技術の魅力

目次1 東芝とウエスタンデジタルの交渉背景を考察2 ウエスタンデジタルと東芝の関係2.1 NAND型フラッシュ...

記事を読む

コニカミノルタ、主力の複合機が市場成熟で低迷 経営戦略の要、M&AでV字回復へ

コニカミノルタ、主力の複合機が市場成熟で低迷 経営戦略の要、M&AでV字回復へ

目次1 はじめに2 コニカミノルタの事業内容3 コニカミノルタ、主力の複合機の市場が成熟で鈍りか M&...

記事を読む

ROA、ROICって何? ROEとの違い

ROA、ROICって何? ROEとの違い

経営管理の指標としてよく使われるROIC、ROE、ROAは全て収益性を表します。ただし、それぞれの指標で構成される要素が違い、表される収益性

記事を読む


プレゼンテーションの極意

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING