三菱東京UFJ銀行、社名変更へ 社名が長い理由とは? MUFG企業解説

三菱東京UFJ銀行、社名変更へ 社名が長い理由とは? MUFG企業解説

Pocket

はじめに

先日、社名を変更することが発表された株式会社三菱東京UFJ銀行(以下、三菱東京UFJ銀行)。社名が非常に長いことが、社名変更の背景だそうです。

 

では、なぜ三菱東京UFJ銀行は、このような長い社名になってしまったのでしょう。

 

今回は、その三菱東京UFJ銀行が属する、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)と、三菱東京UFJ銀行の歴史について解説していきたいと思います。

 

三菱UFJフィナンシャルグループの概要

MUFGは、連結子会社224社、持分法適用関連会社65社で構成されている金融グループです。以下が、MUFGのセグメントと事業概要になります。

 

1.株式会社三菱東京UFJ銀行セグメント
このセグメントでは、主に銀行業務を行っています。
有名な子会社として、株式会社三菱東京UFJ銀行や、持分法適用関連会社では、株式会社じぶん銀行、株式会社ジャックスなどがあります。
経常収益は前年度比で299億円増加して、4兆337億円になりました。経常収益とは、一般的な売上高だと考えていただいて結構です。経常収益は増加しておりますが、セグメント利益は、前年度比で387億円減少して、6,858億円になりました。

 

2.三菱UFJ信託銀行株式会社セグメント
このセグメントでは、主に銀行業務、信託業務を行っています。
有名な子会社として、三菱UFJ信託銀行株式会社、日本マスタートラスト信託銀行株式会社などがあります。
経常収益は前年度比412億円増加して、7,281億円になります。しかしセグメント利益は、銀行セグメントと同様、前年度と比べ減少し、1,609億円となっています。­­

 

3.三菱UFJ証券ホールディングス株式会社セグメント
このセグメントは、主に証券業務を行っています。
有名な子会社として、三菱UFJ証券ホールディングス株式会社、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社などがあります。経常収益は165億円減少して、4,879億円、セグメント利益は419億円となりました。

 

4.コンシューマーファイナンス子会社セグメント
このセグメントは、主にクレジットカード業務・貸付業務を行っています。
経常収益は5,090億円、セグメント損益は263億の損失となっています。

 

三菱東京UFJ銀行の歴史

以下の図は三菱東京UFJ銀行の沿革を表した図になります。

Chart 三菱東京UFJ銀行の系譜

 

この図が表しているように、三菱東京UFJ銀行は、三菱銀行と東京銀行が合併して出来た東京三菱銀行と、三和銀行と東海銀行が合併して出来たUFJ銀行の2行が合併して出来た銀行になります。合併をするにつれて、存続会社と消滅会社の社名がつながっていき、今のような長い社名になった経緯があります。

 

三菱UFJフィナンシャルグループと三菱東京UFJ銀行のまとめ

今回は、MUFGの解説と三菱東京UFJ銀行の社名の由来について解説しました。

 

この度の社名変更により、三菱東京UFJ銀行は三菱UFJ銀行に改名されるようです。社名変更に伴う看板の立替や、名刺、契約関連、書類等々、様々なコストがかかると予想されます。三菱東京UFJ銀行は巨大企業ですので、副次的な経済効果があるかもしれませんね。

 

【参考資料】
三菱東京UFJ銀行HP

[http://www.bk.mufg.jp/kigyou/company/profile/history.html]

三菱UFJフィナンシャルグループ有価証券報告書

[http://www.mufg.jp/ir/securityreport/2016mufg/pdf/mar/yu_mufg16.pdf]

 

 

執筆者:パイルズガレージ編集部 牧野成譲

編集者:株式会社mannaka

協賛 :株式会社エスネットワークス

財務・会計系コンサルティング会社。
ベンチャー企業やローカル企業にCFOコンサルティングを行っています。
「経営者の輩出」を企業理念とし会計や財務の実務支援能力だけでなく、 CFOとして求められる知識や経営センスをより短期間で身に付け、育成することを目指しています。
エスネットワークスは、「経営者の視点でニーズを掴み、経営者の視点で課題を解決し続ける、最強パートナー」を実現すべく、成長し続けています。

■エスネットワークスのサイトはこちら
株式会社エスネットワークス

■mannakaのサイトはこちら
株式会社mannaka

■PILES GARAGEのサイトはこちら
PILES GARAGE

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を980円~※の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。(※2018年3月31日ご受講開始分までのキャンペーン価格)

RELATIVE関連記事

3メガバンクの一角、三井住友フィナンシャルグループとは? 企業解説

3メガバンクの一角、三井住友フィナンシャルグループとは? 企業解説

目次1 はじめに2 三井住友フィナンシャルグループの概要3 三井住友フィナンシャルグループの事業4 三井住友銀...

記事を読む

「株式持ち合い」の解消が進む理由とは? そもそも、目的やデメリットとは?

「株式持ち合い」の解消が進む理由とは? そもそも、目的やデメリットとは?

目次1 はじめに2 持ち合い株式とは?3 株式持ち合いの目的とは?4 株式持ち合いのデメリットとは?5 進む株...

記事を読む

株価つり上げとは?

株価つり上げとは?

目次1 はじめに2 株価つり上げとは3 株価つり上げの金融商品取引法違反危険性4 株価つり上げのまとめ はじめ...

記事を読む

金融商品取引法が改正、株の高速取引とは?

金融商品取引法が改正、株の高速取引とは?

目次1 はじめに2 金融商品取引法の概要2.1 金融商品取引法とは何か2.2 金融商品取引法の四つの柱3 株の...

記事を読む


COLLABORATION グロービス学び放題

MECE

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING