医療機器シェア日本1位のオリンパス、世界1位の内視鏡を強みに医療強化へ

医療機器シェア日本1位のオリンパス、世界1位の内視鏡を強みに医療強化へ

Pocket

粉飾決算で社会に衝撃を与えたオリンパス

2017年4月27日、6年前に発覚したオリンパス株式会社(以下、オリンパス)の粉飾決算事件に際して、オリンパスや株主が旧経営陣16人に損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁が旧経営陣に総額約590億円をオリンパスに対して支払うように命じました。オリンパス事件では、担当監査法人が解散するなど、社会に大きな衝撃を与えました。

 

今回は、そのオリンパスについて解説します。

 

オリンパスの概要

オリンパスは1919年10月、顕微鏡の国産化を目指して山下長(やましたたけし)氏により創業を開始されました。

 

1950年11月にオリンパスは世界で初めて実用的な胃カメラを開発するなど、医療機器の分野でリーディングカンパニーとして活躍しています。現在オリンパスは消化器内視鏡で世界第1位、約7割のシェアを有しています。

 

オリンパスの事業

オリンパスは医療事業、科学事業、映像事業を運営しています。下記が各事業の概要です。

 

オリンパスの医療事業

オリンパスの医療事業では、消化器内視鏡、外科内視鏡、内視鏡処置具等を製造販売しています。オリンパスの消化器内視鏡は、上述したように世界シェア7割という圧倒的なシェアを獲得して1位を獲得しています。医療事業はオリンパスの全体売り上げの75.7%を稼ぐ主力事業で、その中でも内視鏡だけにフォーカスすれば全体の42.5%を稼いでおり、オリンパスの柱であることがわかります。医療事業の内視鏡と他の事業と比較しても非常に成長性のある製品でしょう。

 

オリンパスの科学事業

オリンパスの科学事業では、創業時から手掛ける顕微鏡や工業用顕微鏡を扱っています。しかし、科学事業の売上を分析すると長期的に衰退していることがわかります。

 

オリンパスの映像事業

オリンパスの映像事業では、カメラやICレコーダーの製造・販売を扱っています。一般的な最終消費者からすると、オリンパスはカメラを扱っている印象が非常に強いと思いますが、売上を分析すると映像事業の衰退が著しいことがわかります。カメラ機能を搭載した携帯の普及や、高品質のカメラ機能を搭載したスマホの普及が映像事業に負のインパクトを与えていると思われます。

 

オリンパスの財務情報

以下が、オリンパスの事業別売上高と営業利益率の推移になります。上述した通オリンパスは医療事業が最も売上に貢献している事業であると共に、25%近くの高い営業利益率を誇っていることがわかります。また、科学事業と映像事業の売上高はほぼ横ばいですが営業利益率は向上しています。

Chart オリンパスの財務状況推移

(注)売上高が棒グラフ(左軸)、営業利益率が線グラフ(右軸)を指す。

 

オリンパス、医療分野で世界トップレベルを目指す

オリンパスは、医療機器業界では最大手で連結売上高は約8,045億円という好業績を達成しています。ですが、過去には金融商品で出た多額の損失を海外に飛ばすなどの粉飾決算で、社会に衝撃を与えました。

 

現在オリンパスの医療事業の売上高構成比率は75.7%ですが、2016年中期経営計画では81.8%に向上させることを目標にしており、医療分野における世界トップレベルのプレイヤーになること目指しています。

 

参考

日経新聞記事 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H9D_X20C17A4000000/

内視鏡のオリンパス世界シェア  https://www.olympus.co.jp/ir/data/pdf/plan_16csp_03.pdf

オリンパスの業績 https://www.olympus.co.jp/company/profile/pdf/profile_jp_2016.pdf

オリンパスの中期経営計画 https://www.olympus.co.jp/ir/data/pdf/plan_16csp_01.pdf

 

 

執筆者:パイルズガレージ編集部 牧野成譲

編集者:株式会社mannaka

協賛 :株式会社エスネットワークス

財務・会計系コンサルティング会社。
ベンチャー企業やローカル企業にCFOコンサルティングを行っています。
「経営者の輩出」を企業理念とし会計や財務の実務支援能力だけでなく、 CFOとして求められる知識や経営センスをより短期間で身に付け、育成することを目指しています。
エスネットワークスは、「経営者の視点でニーズを掴み、経営者の視点で課題を解決し続ける、最強パートナー」を実現すべく、成長し続けています。

■エスネットワークスのサイトはこちら
株式会社エスネットワークス

■mannakaのサイトはこちら
株式会社mannaka

■PILES GARAGEのサイトはこちら
PILES GARAGE

Pocket

RELATIVE関連記事

300社以上のベンチャーを見てきた緒方氏が、世界で誰もやっていない“声”の事業を始めた理由【前編】

300社以上のベンチャーを見てきた緒方氏が、世界で誰もやっていない“声”の事業を始めた理由【前編】

目次1 Voicyの事業内容と声の事業を始めた理由2 緒方氏が五感をヒントに、声の事業を始めた理由3 声の事業...

記事を読む

富士フイルムの変化に応じた経営戦略、写真から医療に軸足 総合ヘルスケア企業へ 

富士フイルムの変化に応じた経営戦略、写真から医療に軸足 総合ヘルスケア企業へ 

目次1 はじめに2 富士フイルムの企業情報2.1 富士フイルムの事業内容 写真から転換2.2 富士フイルムの同...

記事を読む

「ほっともっと」を運営するプレナスとは?

「ほっともっと」を運営するプレナスとは?

目次1 はじめに2 プレナスの展開するブランド3 プレナスの経営状況分析3.1 プレナスの売上高推移3.2 プ...

記事を読む

AI診断、遠隔治療、介護ロボット ITで医療介護問題を解決へ

AI診断、遠隔治療、介護ロボット ITで医療介護問題を解決へ

目次1 はじめに2 日本政府がITに期待2.1 日本政府の未来投資会議、ITで医療・介護の効率化を提案2.2 ...

記事を読む


ENTERPRISE

MONTHLY RANKING