最高水準の半導体を製造 韓国の半導体大手「SKハイニックス」とは?

最高水準の半導体を製造 韓国の半導体大手「SKハイニックス」とは?

Pocket

はじめに

2017年4月26日(水)の日本経済新聞で、韓国の大手半導体製造企業のSKハイニックスが2017年1~3月期の連結決算で過去最高の営業利益を達成したと報じられました。これは前年同期比の4倍以上で、2,000億円を超えるそうです。

 

半導体といえば、IntelやSamsung、東芝、 Qualcommなどの企業を想像し、SKハイニックスと言ってもピンとこない人も多いかもしれません。

 

今日はそんなSKハイニックスを紹介したいと思います。

 

半導体の種類

SKハイニックスについて説明する前に、NANDについて解説します。
半導体には、電源を切ると記憶情報が消えてしまう揮発性のメモリ(RAM)と電源を切っても記憶情報が残る不揮発性のメモリ(ROM)が存在します。

 

RAMは記憶保持が必要か不要かで分類され、必要なものがDRAM、不要なものがSRAMです。しかし、SRAMは回路が複雑で、コストが高いためDRAMが主要です。

 

ROMにはNAND型やNOR型がありますが、NAND型はコストが安く、大容量であるため生産コストの下がり出した2000年以降から使われるようになりました。そのため、現在揮発性のメモリとしてDRAMが、不揮発性のメモリとしてNANDが主に使われています。そして近年、新技術によるNANDの研究開発に注目が集まっています。

 

新型半導体3次元NANDの登場

半導体の集積度には、これまでムーアの法則のペースで技術革新が進んでいました。

 

ムーアの法則とは「2年でトランジスタの集積密度が2倍になる」という経験則で、半導体のメモリセルの集積度が指数関数的に増加することを予測し、実際にその有効性は、スマホの誕生やPCの高性能化に裏付けられてきました。しかし、近年はそのムーアの法則に限界が来ていると言われています。メモリセルがnm単位で接近すると、セル同士が干渉してしまう問題が発生するためです。

 

そこで、この問題を解決するために開発されたのが3次元NANDです。3次元NANDは縦方向に何層もセルを積むことで性能を向上させた半導体です。そしてこの3次元NANDにおいて、業界最高の積層数である72層もセルを積み重ねた3次元NANDを量産するのがSKハイニックスなのです。

 

SKハイニックスの財務情報

Table 1にSKハイニックスの財務情報を示します。

 

2016年の前半は激しい半導体業界の競争の中、SKハイニックスは年間1兆円を越える売上を計上しており、半導体業界では5本の指に入る規模の企業です。

 

そして、SKハイニックスは3次元NANDの技術開発の影響もあり、2017年の第1四半期の売上高が6,000億円を超え、大幅な増収増益となりました。

 

Table 1 SKハイニックスの財務情報

(出典 : SKハイニックスのIR情報。半導体業界は変動が激しいため四半期ごとのデータを示した。)

 

SKハイニックスのまとめ

以上、半導体の種類を中心に、SKハイニックスについて解説しました。今年の2月に東芝の半導体の事業部に出資を検討するなど、半導体業界では目の離せない企業です。今後AIやIoTの発展によって半導体の重要性が高まるため、SKハイニックスの今後の発展が楽しみです。

 

 

執筆者:パイルズガレージ編集部

編集者:株式会社mannaka

協賛 :株式会社エスネットワークス
 

財務・会計系コンサルティング会社。
ベンチャー企業やローカル企業にCFOコンサルティングを行っています。
「経営者の輩出」を企業理念とし会計や財務の実務支援能力だけでなく、 CFOとして求められる知識や経営センスをより短期間で身に付け、育成することを目指しています。
エスネットワークスは、「経営者の視点でニーズを掴み、経営者の視点で課題を解決し続ける、最強パートナー」を実現すべく、成長し続けています。
 

■エスネットワークスのサイトはこちら
株式会社エスネットワークス

■mannakaのサイトはこちら
株式会社mannaka

■PILES GARAGEのサイトはこちら
PILES GARAGE

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を1,980円~の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。

RELATIVE関連記事

東芝メモリ売却へ 「日の丸連合」技術流出を阻止できるか 技術流出の問題とは?

東芝メモリ売却へ 「日の丸連合」技術流出を阻止できるか 技術流出の問題とは?

目次1 はじめに2 技術流出とは?3 東芝の半導体事業売却の経緯4 官民連合は東芝メモリ買収に成功するのか は...

記事を読む

スタートアップと中小企業、期待される新たなエコシステムの構築とは

スタートアップと中小企業、期待される新たなエコシステムの構築とは

目次1 産業の“力”である中小企業2 スタートアップとは2.1 スタートアップの定義2.2 スタートアップの特...

記事を読む

パナソニックが独自開発したAI対話型FAQサービス「WisTalk」を提供開始

パナソニックが独自開発したAI対話型FAQサービス「WisTalk」を提供開始

目次1 問い合わせ業務の合理化と顧客満足度向上へつなぐ2 世界1位の高回答精度を誇る独自開発エンジン2.1 主...

記事を読む

お菓子の株式会社 明治を解説

お菓子の株式会社 明治を解説

目次1 はじめに2 株式会社 明治のニュース、カールの販売を西日本で継続する理由3 明治ホールディングス株式会...

記事を読む


COLLABORATION グロービス学び放題

ピラミッド構造

ENTERPRISE

RECOMMEND

MONTHLY RANKING