M&Aで成長し続けるモータ製造の日本電産とは? M&A成功の要因とは? 

M&Aで成長し続けるモータ製造の日本電産とは? M&A成功の要因とは? 

Pocket

はじめに

50社以上を買収して、短時間で買収先を黒字化させる日本電産株式会社(以下、日本電産)。さらに、買収王と呼ばれる日本電産の永守重信会長兼社長。

 

今回は、日本電産の買収の神話に迫りながら解説いたします。

 

日本電産の概要

(日本電産グループ2016年3月期決算書より作成)

 

上記の売上構成のように、モータ事業を中心に、超小型から超大型まで、日本電産は、様々なモータ事業展開を行っています。そのうち、特にHDD用モータについては現在、世界において80%前後のシェアを占めることが注目されます。

 

また、売上構成比の推移も重要視されるべきです。今後、パソコン出荷台数の減少とモータを装備していないSSDの普及を要因として、世界市場でのHDDの出荷台数が減り続ける予想です。売上の2割近くを占めるHDDモータ業務の不振が、日本電産グループの業績悪化の要因になる恐れがあります。
そのような状況を先読みして、日本電産は意識的に経営資源をHDDモータから、産業用ロボット、カメラシャッター部品またはオルゴール関連商品にシフトして集中投下し、高性能モータと新業務を強化しています。

 

2016年3月の決算を見ると、HDDモータ事業の売上構成は19.9%から17.7%まで下げて、それに対して、車載及び家電・商業産業用事業への転向が迅速にできるのは、日本電産の積極的なM&A活動が要因として考えられます。

 

日本電産の積極的なM&A活動

日本電産といえば、やはりM&Aが特徴の企業です。1984年以降、日本電産は52件のM&Aの実績があります。

 

買収先は、国内企業に限らず、タイ、中国、ルーマニア、イギリス、ドイツ、アメリカなどの国の企業も多数買収をしてきました。

 

買収活動は、必ずしも成功するとは限りません。しかし、30数年にも渡って、日本電産は、買収後1年以内に買収先の経営を黒字化させるのがほとんどです。

 

では、神話のような日本電産の買収の秘訣はどういうことでしょうか。

 

日本電産のM&A成功要因分析

日本電産がM&Aで成功し続ける要因は、以下のような3点にまとめられます。

 

1.厳選する買収先

日本電産の近年の買収実績を考察すると、買収先の事業領域が主に「半導体」「中・大型モーター」「制御回路・ソフト会社」に集中していることがわかります。

買収先の規模を問わず、技術のある企業をこつこつ買収し、規模の小さな買収を重ねて、「技術・販路を育てあげる」という既存の方向で進めていくのは、日本電産のやり方です。

 

2.買収時期のこだわり

M&Aでは、高額な費用を支払って、相手を買収すると思われがちですが、日本電産の買収実績を考察すると、決して法外な値段とは限りません。

日本電産の永守重信会長兼社長が、「15%の利益が出せない事業には近づかない」と語る一方、例え買収したい企業があっても買収価格が高いと判断すれば、マーケットを注視しつつ、買収価格が下がるまで待ちます。「こういう時期にこういう会社を買わなければならない」ということが、永守重信会長兼社長の買収基準です。

 

3.買収先の従業員を優待

M&Aにおいては、買収先の従来の社員と新たな経営陣との間の不調和がよく見られ、それによる経営の悪化がM&Aの成否につながります。

しかし、日本電産では業績不振の会社を買収しながらも、買収先の従業員をリストラすることは一切せず、従業員の求心力が維持されます。

 

日本電産のまとめ

M&Aを成長のけん引力とする日本電産は、今後いかにM&Aを続け、更なる成長をしていくのかに注目です。

 

執筆者:パイルズガレージ編集部

編集者:株式会社mannaka

協賛 :株式会社エスネットワークス
 

財務・会計系コンサルティング会社。
ベンチャー企業やローカル企業にCFOコンサルティングを行っています。
「経営者の輩出」を企業理念とし会計や財務の実務支援能力だけでなく、 CFOとして求められる知識や経営センスをより短期間で身に付け、育成することを目指しています。
エスネットワークスは、「経営者の視点でニーズを掴み、経営者の視点で課題を解決し続ける、最強パートナー」を実現すべく、成長し続けています。
 
■エスネットワークスのサイトはこちら
株式会社エスネットワークス

■mannakaのサイトはこちら
株式会社mannaka

■PILES GARAGEのサイトはこちら
PILES GARAGE

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を1,980円~の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。

RELATIVE関連記事

「シナジー効果」の意味や種類とは? シナジー効果を狙ったM&Aの事例とは?

「シナジー効果」の意味や種類とは? シナジー効果を狙ったM&Aの事例とは?

目次1 はじめに2 シナジー効果とは?3 シナジー効果の種類とは?3.1 シナジー効果の種類「事業シナジー」3...

記事を読む

リクルートのビジネスモデル、独自の海外M&A戦略とは? 「まだ、ここにない、出会い。」の創造を経営分析

リクルートのビジネスモデル、独自の海外M&A戦略とは? 「まだ、ここにない、出会い。」の創造を経営分析

目次1 人材大手のリクルートを分析2 リクルートの主な事業内容3 リクルートのビジネスモデル 「企業と生活者を...

記事を読む

ものづくりの原価管理自動化サービス「GenKan」500 Startups Japanから3千万円の資金調達を実施

ものづくりの原価管理自動化サービス「GenKan」500 Startups Japanから3千万円の資金調達を実施

目次1 「GenKan」とは1.1 日本原価計算研究学会常任理事(前会長)、一橋大学商学部教授 尾畑 裕氏より...

記事を読む

日立を最高益に導く、半導体製造装置など3つの「主力事業」と「事業売却」

日立を最高益に導く、半導体製造装置など3つの「主力事業」と「事業売却」

目次1  日立の最高益に貢献する「主力事業」と「事業売却」2 日立製作所の概要2.1 日立製作所の業績3 日立...

記事を読む


COLLABORATION グロービス学び放題

ロジックツリー

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING