CAMPFIREグループ、第二種金融商品取引業取得手続き完了 融資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Owners」2019年春開始

Pocket

CAMPFIREグループ、第二種金融商品取引業取得手続き完了 融資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Owners」2019年春開始。購入型クラウドファンディングに続く新たな資金調達手段を提供

株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役社長:家入一真)の完全子会社である株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役:家入一真)は第二種金融商品取引業取得手続きを2019年2月6日に完了したことを発表しました。それに伴い、2019年春に融資型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)」を提供開始するとしています。

融資型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE Owners(キャンプファイヤーオーナーズ)

融資型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE Owners」

https://owners.camp-fire.jp/

第二種金融商品取引業取得について

株式会社CAMPFIREは国内最大級の購入型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」を運営、19,000件以上のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ102万人以上、流通金額は101億円となります。「資金調達の民主化」をビジョンに掲げ、個人や地域レベルで小さなつながりを持ち、支え合うコミュニティを「小さな経済圏」と称し、様々な挑戦を支援してきました。

「CAMPFIRE」はこれまで世の中に出回っていないモノやサービスの開発・立ち上げ時に利用され、多くのプロジェクトの成功を支援してきました。一方でプロジェクトオーナーである組織・団体は、創業から十分な期間が経過していないことや、非営利組織も多いことから、既存の金融機関を通じた十分な資金調達ができず、継続的な事業運営において不利な環境に置かれることも少なくありません。

これら資金調達に纏わる課題解決をすべく、株式会社CAMPFIREの完全子会社である株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITALは第二種金融商品取引業取得手続きを2019年2月6日に完了、2019年春に融資型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE Owners」を提供開始します。

融資型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE Owners」について

「CAMPFIRE Owners」は「資金需要者(プロジェクトオーナー)」と「投資家(支援者)」を結ぶプラットフォームです。従来の金融機関や融資型クラウドファンディングサービスなどでは資金調達が難しい法人・団体や非営利組織を主な対象に、利回りは最低1.5%〜、調達額は最低10万円〜と利用しやすい設定となっています。それによって「NPO団体の活動を拡大したい」や「古民家を再生したい」といった従来の金融サービスでは対象となりにくいプロジェクトへの融資も可能となりました。

2021年内に流通総額1,000億円到達と「金融包摂」の実現へ

2021年内に「CAMPFIRE Owners」単体で資金需要者(プロジェクトオーナー)1万人、投資家(支援者)100万人、流通総額1,000億円の到達を目標に、購入型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」との連携やコミュニティウォレット「Gojo」を通じたコミュニティへの融資、また計画中である海外展開などを通じ利用者拡大を図っていくとしています。

今後も経済活動におけるチャンスや不安定な状況を軽減できるよう、クラウドファンディングの普及を通じて全ての人々にとって金融サービスへのアクセスを容易にすることで、フィナンシャル・インクルージョン(金融包摂)の実現を目指しています。

株式会社CAMPFIREについて

CAMPFIREはあらゆるファイナンスニーズに応えるべく、“資金調達の民主化” をミッションに、個人やクリエイター、企業、NPO、大学、地方自治体など、様々な挑戦を後押ししております。国内最大級のクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」は、2011年のサービス開始から現在(2018年12月時点)までに19,000件以上のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ102万人以上、流通金額は101億円に達しました。CAMPFIREは、1人でも・1円でも多くお金がなめらかに流通する世界を目指して、クラウドファンディングに加え「polca」「CAMPFIREファンクラブ」「CAMPFIRE Bank」などを通じてCAMPFIRE経済圏をつくってまいります。

名称:株式会社CAMPFIRE

代表取締役社長:家入一真
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル5F
設立:2011年1月14日
資本金:19億4048万円(資本剰余金含む)
事業内容:クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」「FAAVO」「polca」「CAMPFIRE Owners」、継続課金型コミュニティプラットフォーム「CAMPFIREファンクラブ」、包括的金融サービス「CAMPFIRE Bank」、コミュニティウォレット「Gojo」などの企画・開発・運営。

株式会社CAMPFIRE:https://campfire.co.jp
クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」:https://camp-fire.jp
融資型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE Owners」:https://owners.camp-fire.jp/

株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITALについて
名称:株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
代表取締役:家入一真
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル5F
設立:2015年12月1日
株主構成:株式会社CAMPFIRE(100%)
登録番号:関東財務局長(金商)第2973号

出典元

執筆/編集:PILES GARAGE


PILES GARAGEは、企業を支える「杭(PILES)」のような人材を育て、定期的にその「杭(PILES)」を磨く、“ガレージのような場所。
個の力を磨き何時いかなる時でもその力を発揮出来る人材に。

PILES GARAGEのサイトはこちら
https://piles-garage.com/

PILES GARAGEへのお問合せはこちら
https://piles-garage.com/contact

 

その他のおすすめ記事

株式会社CAMPFIRE、株式会社BrainCatよりコミュニティウォレット「Gojo」を事業譲受

株式会社CAMPFIRE、株式会社BrainCatよりコミュニティウォレット「Gojo」を事業譲受

CAMPFIRE、第一勧業信用組合と業務提携。中小企業・小規模事業者へクラウドファンディングを広め、地域活性化を目指す

CAMPFIRE、第一勧業信用組合と業務提携。中小企業・小規模事業者へクラウドファンディングを広め、地域活性化を目指す

CAMPFIRE、ホビーベース イエローサブマリンと業務提携。クラウドファンディング後の販売をサポート

今CAMPFIRE、ホビーベース イエローサブマリンと業務提携。クラウドファンディング後の販売をサポート

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を1,980円~の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。

COLLABORATION グロービス学び放題

レビンの組織変革プロセス

ENTERPRISE

RECOMMEND

MONTHLY RANKING