M&Aクラウド、WARCとスタートアップへのアドバイザリー機能強化のため業務提携

Pocket

スタートアップ企業へのデューデリジェンス機能強化などを図る
M&A業界における、オンラインによるマッチングの仕組みを構築した「M&Aクラウド」(※1)の開発・
運営を行なっている 株式会社M&Aクラウド(本社:東京都品川区、代表取締役:及川厚博、URL:https://macloud.jp/)は、企業のコーポレート領域を中心にコンサルティングなどのオフライン支援事業を行なっている 株式会社WARC(本社:東京都目黒区、代表取締役:山本彰彦、URL:https://corp.warc.jp/)と、スタートアップ企業へのフィナンシャル・アドバイザリー機能強化などを図るため、1月24日に戦略的業務提携を締結いたしました。

 

背景と目的

今回の協業は、「M&Aプラットフォームにより、スタートアップのエグジットの選択肢を増やしたい」というM&Aクラウドのビジョンと、「スタートアップの成長を加速させるだけでなく、スタートアップ界隈でチャレンジする人を増やしたい」というWARCのビジョンとの融和を背景に実現いたしました。

 

協業内容

M&Aクラウド、およびWARCは、今回の業務提携により、スタートアップ企業へのデューデリジェンス機能強化などの事業展開を推進してまいります。
「ブラックボックスが多く、非効率で高いコストのかかるM&Aをテクノロジーの力で効率化し、スタートアップ企業のエグジットの選択肢を増やしていく」というM&Aクラウドのプラットフォームとしての強みと、「専門的なスキルや経験を持つ人材が集まったプロフェッショナル集団として、企業の成長ステージに合わせ、戦略の策定からハンズオンによる実行までを支援する」というWARCのもつ強みを活かし、主にスタートアップ企業に対する戦略的支援やデューデリジェンス支援、M&A支援などを通じ、スタートアップのエグジットに向けたサポートを充実させてまいります。

 

M&Aクラウド,WARC

 

 

コメント

 

M&Aクラウド 代表取締役CEO 及川 厚博氏
M&Aクラウドとしては、スタートアップへの更なる価値提供をすべくファイナンシャル・アドバイザリーの強化が必要でした。アドバイザリーは属人性が高く自社だけでは対応しきれないこともあり、ベンチャーを知り尽くし、組織力のあるWARC社と一緒にやっていけることは嬉しく思います。

 

WARC 代表取締役社長  山本 彰彦氏
WARCは、ベンチャー企業の成長を支えるエコシステムを創ることにコミットしています。M&Aは、企業が成長のスピードを加速させる重要なターニングポイントと考えております。
M&AクラウドによるプラットフォームとWARCによるプロフェッショナリズムとの連携により、より多くの会社がM&Aを通じてビジョンを実現できるよう、全力で支援していきます!

 

なお今回の業務提携に関連して、1月25日(金)19:30-21:30より、M&Aクラウド、FASTGROW(運営:株式会社スローガン)共催によるトークイベント「CFO 経験者2名が語る 士業キャリアはベンチャー経営・ファイナンスにどう活きるのか」にて、MCをM&Aクラウド 代表 及川氏が務め、ゲストの一人として、WARC 取締役 石倉壱彦氏が登壇予定しております。

 

会場:東京都港区南青山2-11-17 第一法規本社ビル3F スローガン株式会社イベントスペース
申込URL(事前申込制/無料): https://www.fastgrow.jp/events/macloud-crooz-akatsuki

 

(※1)「M&Aクラウド」サービスについて
「買い手自ら 売り手に 発信する時代に」「求人広告のように M&A広告を」
「M&Aクラウド」はテクノロジーによって、オンラインを中心に効率的に集約し、マッチングの仕組みを構築。買い手企業は「求人ポータルサイト」のようにweb上へ買収窓口を設置し、M&A方針・実績を発信することで売り手企業を集めることが可能になり、売り手企業は「売却手数料無料」で、買い手企業の情報を閲覧した上で、直接売却打診のコンタクトが可能となる、M&Aにおける買い手企業と、売り手企業とを繋げるマッチングプラットフォームサービスです。
「M&Aクラウド」のサービスの立ち上げに関しては、M&A業界の課題解決に向け、「世界でも類を見ない、買い手の買収戦略のオープン化」「仲介ではなく、広告事業としてのビジネスモデルによるコスト構造の適正化」「買い手が売り手を集める」といった発想の転換により、誕生しました。
現在、「買い手企業」登録数は70社以上、「売り手企業」登録数500社以上を超え、飛躍的に伸長しています。また2019年11月末までには「買い手企業」登録数は500 社、「売り手企業」登録数2,000社を目標にサービスの向上とともに体制整備を進めております。

 

会社概要

株式会社M&Aクラウド  「テクノロジーの力でM&Aに流通革命を!」
所在地/ 東京都品川区西五反田8-2-2 喜助西五反田ビル6F
代表者/ 及川 厚博(おいかわ あつひろ)
資本金/ 8,800万円(資本準備金含む)
設立/ 2015年12月7日
従業員/ 13名 (アルバイト1名)
事業内容/ M&Aクラウド(プラットフォーム)サービス事業、及びM&Aアドバイザリー事業
————————————————————————————————————–
株式会社WARC(ワーク)  「想いをカタチにできる世の中を創る」
所在地/ 東京都目黒区下目黒2-19-6 F&Tビル 4F
代表者/ 山本 彰彦(やまもと あきひこ)
資本金/ 2億3,300万円(資本準備金含む)
設立/ 2017年5月9日
従業員/ 約15名
事業内容/ コンサルティングサービス事業、M&Aアドバイザリーサービス事業、タレントエージェンシー事業、投資事業、プロダクト開発事業(HR Tech)
————————————————————————————————————–

 

出典元

 

執筆/編集:PILES GARAGE


PILES GARAGEは、企業を支える「杭(PILES)」のような人材を育て、定期的にその「杭(PILES)」を磨く、“ガレージのような場所。
個の力を磨き何時いかなる時でもその力を発揮出来る人材に。

PILES GARAGEのサイトはこちら
https://piles-garage.com/

PILES GARAGEへのお問合せはこちら
https://piles-garage.com/contact

 

その他のおすすめ記事

CxOの課題解決に特化したイノベーション創発施設「Greenhouse」を2019年6月に開設

CxOの課題解決に特化したイノベーション創発施設「Greenhouse」を2019年6月に開設

法人の登記書類をオンラインで自動作成する「AI-CON 登記」提供開始

法人の登記書類をオンラインで自動作成する「AI-CON 登記」提供開始

旺文社ベンチャーズ、国内出版業初のEdTechに特化したファンドを組成

旺文社ベンチャーズ、国内出版業初のEdTechに特化したファンドを組成

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を1,980円~の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。

COLLABORATION グロービス学び放題

損益計算書

ENTERPRISE

RECOMMEND

MONTHLY RANKING