ITで金融に革新を 元ソフトバンクグループ、明日の超大手金融機関「SBIホールディングス」とは?

ITで金融に革新を 元ソフトバンクグループ、明日の超大手金融機関「SBIホールディングス」とは?

Pocket

はじめに

日経新聞2017年3月15日(水)朝刊で、ネット証券の日韓の最大手であるSBIホールディングス株式会社(以下、SBIホールディングス)とキウム証券の提携が発表されました。ネット証券で、野村ホールディングス株式会社や株式会社みずほフィナンシャルグループなどの超大手金融機関よりも優位を占めるSBIホールディングスとはどういう会社でしょうか。

 

今回は、金融世界に変革をもたらしているSBIホールディングスの正体に迫りたいと思います。

 

SBIホールディングスとは?

SBIホールディングスの概要

SBIホールディングス(SBI Holdings,Inc.)は、1999年の設立の当初、ソフトバンクグループの金融関連企業であり、「SBI」も「SoftBank Investment」の略でありました。2005年には、商号をSBIホールディングスに変更し、ソフトバンクグループを離脱し「Strategic Business Innovator」(戦略的事業の革新者)の略に変更しました。

 

SBIホールディングスの傘下には、「金融サービス事業」「アセットマネジメント事業」「バイオ関連事業」の3つが主要事業として存在しています。

 

SBIホールディングスの事業① 「金融サービス事業」

SBIホールディングスの傘下には、SBI証券や住信SBIネット銀行、SBI損保、モーニングスター(金融商品や関連するサービス・情報を提供する事業)等を行っています。IT技術を活用して効率の高いワークフローを開発し、従来の方式より、利便性の高い商品やサービスを提供をしており、金融の世界に変革をもたらしています。

 

SBIホールディングスの事業② 「アセットマネジメント事業」

SBIインベストメント(ベンチャーキャピタルファンド)、SBIアセットマネジメント(投資運用業及び投資助言業)、SBIキャピタル(バイアウト・企業再生ファンド等)、SBI VEN CAPITAL(海外における投資事業)など、SBIホールディングスは、金融事業を中心に、エネルギー、バイオ、ITなどの幅広い分野のベンチャー企業への投資及び運用関連のサービスを提供しています。

 

SBIホールディングスの事業③ 「バイオ関連事業」

上記の事業以外、SBIファーマ(化粧品および健康食品の製造・販売)、SBIバイオテック(医薬品の研究開発)を代表として、医薬品・健康食品・化粧品等の事業にも注力しています。

 

SBIホールディングスの最近の動向 フィンテック分野に注力

SBIホールディングス、IBMと提携

2016年12月28日、SBIホールディングスは日本IBMと提携し、地域金融機関向けの「FinTechプラットフォーム」構築などの共同事業展開と合弁会社設立の協議開始について合意しました。

 

地域金融機関は「FinTechプラットフォーム」の構築によって、サービスの多様化、経営効率の向上、低コスト化などを実現できると予想されます。

 

SBIホールディングス、アメリカのベンチャーのRippleとの提携

2016年、SBIホールディングス傘下にSBI Ripple Asia株式会社が設立されました。

 

SBI Ripple Asia株式会社は、仮想通貨の運用に使用されているブロックチェーン技術等を活用することで、送金の際、従来の複数の中継銀行による手数料でコストが高くなる送金システムに革命をもたらし、更なる取引時間の短縮、送金プロセスの可視化などを追及しています。

 

SBIホールディングスのCFO

ここで、SBIホールディングスのCFOの経歴についても触れておきます。

 

森田 俊平氏

 

1998年4月     ソフトバンク株式会社(現ソフトバンクグループ株式会社)入社

2000年7月     オフィスワーク株式会社(現SBIビジネス・ソリューションズ株式会社)代表取締役社長就任

2002年10月   オフィスワーク・システムズ株式会社(現SBIビジネス・ソリューションズ株式会社)代表取締役社長就任

2005年11月   株式会社ジェイシーエヌランド(現SBIビジネス・ソリューションズ株式会社)代表取締役社長就任(現任)

2009年6月     SBIホールディングス取締役執行役員就任

2011年6月     モーニングスター株式会社社外監査役就任

2011年10月   当社取締役執行役員CFO就任

2012年6月     SBIファイナンシャルサービシーズ株式会社取締役(現任)

SBIキャピタルマネジメント株式会社取締役(現任)就任

2013年2月     SBIファーマ株式会社監査役就任(現任)

 

SBIホールディングスのまとめ

送金手数料の削減など、どなたでも関心を持つ課題に注力し、インターネットを通じて経営効率を向上させ、利便性の高い商品やサービスを提供しているのはSBIホールディングスです。

 

SBIホールディングスは今後、IT技術を武器にして、引き続き効率化を図り、金融の世界にさらなる変革をもたらすことが期待されます。

 

 

執筆者:パイルズガレージ編集部

編集者:株式会社mannaka

協賛 :株式会社エスネットワークス
 

財務・会計系コンサルティング会社。
ベンチャー企業やローカル企業にCFOコンサルティングを行っています。
「経営者の輩出」を企業理念とし会計や財務の実務支援能力だけでなく、 CFOとして求められる知識や経営センスをより短期間で身に付け、育成することを目指しています。
エスネットワークスは、「経営者の視点でニーズを掴み、経営者の視点で課題を解決し続ける、最強パートナー」を実現すべく、成長し続けています。
 
■エスネットワークスのサイトはこちら
株式会社エスネットワークス

■mannakaのサイトはこちら
株式会社mannaka

■PILES GARAGEのサイトはこちら
PILES GARAGE

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を1,980円~の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。

RELATIVE関連記事

FinTech企業50社以上を11のカテゴリ分類、FinTech企業カオスマップ公開

FinTech企業50社以上を11のカテゴリ分類、FinTech企業カオスマップ公開

目次1 その他のおすすめ記事1.1 スマホ決済、49.3%がキャンペーン終了後も「利用する」と回答 1.2 P...

記事を読む

凸版印刷、ベトナム最大手のIT企業FPTとの協業を拡大。ICT開発・運用力を強化

凸版印刷、ベトナム最大手のIT企業FPTとの協業を拡大。ICT開発・運用力を強化

目次1 協業拡大の背景2 覚書の骨子3 今後の展開4 その他のおすすめ記事4.1 凸版印刷、IoTを活用し事務...

記事を読む

オリンピックで好業績の大成建設だが… 建設業界の仕組みが招く課題とは?

オリンピックで好業績の大成建設だが… 建設業界の仕組みが招く課題とは?

オリンピック需要で好業績を出す大成建設ですが、業界特有のピラミッド構造と呼ばれる仕組みが誘発する課題を抱えています。この建設業界に共通する課

記事を読む

ビットコインとは? 仮想通貨交換業とは? 日本政府の仮想通貨交換業への対応

ビットコインとは? 仮想通貨交換業とは? 日本政府の仮想通貨交換業への対応

目次1 日本でも使われるようになってきた仮想通貨2 ビットコインとは2.1 ビットコインの由来2.2 ビットコ...

記事を読む


COLLABORATION グロービス学び放題

損益計算書

ENTERPRISE

RECOMMEND

MONTHLY RANKING