就活生の新たな選択肢になった格安航空会社のピーチ・アビエーションとは? CA、パイロットに加え整備士など募集

就活生の新たな選択肢になった格安航空会社のピーチ・アビエーションとは? CA、パイロットに加え整備士など募集

Pocket

はじめに

格安航空会社(LCC)として有名なPeach Aviation株式会社(以下、ピーチ・アビエーション)が、2018年春入社予定の新卒採用を始めたと話題になりました。操縦士など運行乗務員以外の人材確保は初めてになります。LCCの需要が増える今、人材確保による更なる業務拡大が期待されるピーチ・アビエーションについてご紹介します。

 

ピーチ・アビエーションの基本情報

ピーチ・アビエーションは、2011年2月に「日本とアジアを結ぶ新しい航空会社をつくる」をコンセプトに設立された航空会社です。

 

拠点

関西国際空港(大阪府泉南郡田尻町泉州空港中1番地)

 

株主構成

ANAホールディングス株式会社 (67.00%)

First Eastern Aviation Holdings Limited (17.09%)

株式会社産業革新機構(INCJ) (15.10%)

 

社員数

926名 *2017年4月1日現在

 

主な国内路線

東京(成田)– 札幌(新千歳)、福岡

大阪(関西) – 札幌(新千歳)、仙台、東京(成田)、松山、福岡、長崎、宮崎、鹿児島、沖縄(那覇)、沖縄(石垣)

 

ピーチ・アビエーションなどのLCCが格安な理由

ピーチ・アビエーション、低価格で運行可能

LCCとは、ローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略称で、低価格の運賃で運行サービスを提供する会社のことを言います。ピーチ・アビエーションはLCCと呼ばれる格安航空会社であり、他にはジェットスター株式会社やバニラエア株式会社などがあります。

 

ピーチ・アビエーション、コスト削減を徹底

ピーチをはじめとするLCCは、徹底したコスト削減により、「格安」運行サービスを実現させています。例を以下に掲げます。

 

コスト削減例

  • 特定区間に絞って運行
  • 使用機を統一
  • 二次的空港やLCC専用ターミナルを使用
  • 各種サービスの廃止
  • インターネットでチケットを販売
  • 契約社員を登用

 

ピーチ・アビエーション、業績好調

ピーチ・アビエーション、過去には業績不調だった時期も

ピーチ・アビエーションの業績を見ていきましょう。

 

Table ピーチ・アビエーションの損益計算書

 

ピーチ・アビエーションは以前(2014年度)に、世界的なパイロット不足が原因で、機長の確保が困難となり、減便しなければいけない事態が発生していました。

 

また、それまでは業績好調と言われていましたが、業績好調の大きな要因として関西国際空港を拠点とするLCCがピーチ・アビエーションだけであったためだと考えられていました。ところが、その後ジェットスターが関西国際空港に参入し、ニーズを奪うあうことになりました。

 

ピーチ・アビエーション、現在は業績好調 新卒採用で成長へ

2016年3月期のピーチ・アビエーションの業績を見てみると、前年比より売上高が増えただけでなく、営業利益率も向上しており、効率的な経営ができていることが伺えます。

 

ピーチ・アビエーションはそうした経営の安定化に成功したため、次なる戦略を打つための人材を必要とし、新卒採用を開始したのではないでしょうか。

 

ピーチ・アビエーションのCFO

ピーチ・アビエーションの好調な業績を支えているCFOをご紹介します。

 

執行役員CFO 岡村 淳也(財務・法務統括本部長)

 

1992年 慶應義塾大学経済学部卒業、全日本空輸入社。

1995年 経理本部経理部財務担当

2003年 ロンドン支店総務マネージャー

2007年 欧州室兼ロンドン支店総務マネージャー

2010年 アジア戦略室主席部員

2010年 LCC共同事業準備室主席部員

2011年 A&F Aviation(現Peach Aviation)CFO& Legal Director就任

 

ピーチ・アビエーションのまとめ

LCC全体に追い風が吹き、2016年度も確実に業績を伸ばしてきたピーチ・アビエーション。今後は、新卒採用で人材を確保しつつ、どのような事業展開を行い、業績を拡大していくのかに注目が集まります。

 

 

執筆者:パイルズガレージ編集部 牧野真也

編集者:株式会社mannaka

協賛 :株式会社エスネットワークス

財務・会計系コンサルティング会社。
ベンチャー企業やローカル企業にCFOコンサルティングを行っています。
「経営者の輩出」を企業理念とし会計や財務の実務支援能力だけでなく、 CFOとして求められる知識や経営センスをより短期間で身に付け、育成することを目指しています。
エスネットワークスは、「経営者の視点でニーズを掴み、経営者の視点で課題を解決し続ける、最強パートナー」を実現すべく、成長し続けています。

■エスネットワークスのサイトはこちら
株式会社エスネットワークス

■mannakaのサイトはこちら
株式会社mannaka

■PILES GARAGEのサイトはこちら
PILES GARAGE

Pocket

RELATIVE関連記事

鉄道沿線を活かして多角化戦略 巨大、小田急グループとは?

鉄道沿線を活かして多角化戦略 巨大、小田急グループとは?

目次1 はじめに2 小田急グループ2.1 小田急グループとは2.2 小田急百貨店事業2.3 小田急不動産事業2...

記事を読む

富士フイルムの変化に応じた経営戦略、写真から医療に軸足 総合ヘルスケア企業へ 

富士フイルムの変化に応じた経営戦略、写真から医療に軸足 総合ヘルスケア企業へ 

目次1 はじめに2 富士フイルムの企業情報2.1 富士フイルムの事業内容 写真から転換2.2 富士フイルムの同...

記事を読む

ウーバー、新CEOを選出し課題に挑む

ウーバー、新CEOを選出し課題に挑む

目次1 ウーバー、エクスペディアCEOのコスロシャヒ氏を新CEOに選出2 ウーバーとは2.1 ウーバーの使い方...

記事を読む

ヘルスケアだけではなかった オムロンの経営戦略、工場自動化の波に乗り売上高一兆円へ

ヘルスケアだけではなかった オムロンの経営戦略、工場自動化の波に乗り売上高一兆円へ

目次1 はじめに2 オムロンの事業2.1 オムロンの多様な事業2.2 オムロンの2つの中核事業、制御機器事業と...

記事を読む


プレゼンテーションの極意

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING