ソフトバンクとウフル、IoT事業分野で資本・業務提携

ソフトバンクとウフル、IoT事業分野で資本・業務提携

Pocket

ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)と株式会社ウフル(以下、ウフル)は、このたびIoT事業分野で資本・業務提携することに合意しました。

 

本提携の概要

ソフトバンクは、各種センサーデバイスなどからデータを収集して、さまざまな価値につなげるIoTプラットフォームを構築しており、デバイスやネットワーク、データストレージ、アプリケーションなど、IoT環境の構築に必要な要素をワンストップで提供していきます。今回、IoT事業分野で豊富な実績とノウハウを持つウフルと資本・業務提携することにより、IoT事業の拡大に向けてソリューションの強化や、技術開発の促進を目指します。

 

ウフルは、IoT製品やIoTサービスづくりを包括的に支援する、開発・運用サービス「enebular®(エネブラー)」の提供を通して、顧客のIoTにおけるデバイスとクラウドが連携するアプリケーションの開発や、さまざまなクラウドサービスとの連携を簡便にし、多数のデバイスが自律的に分散し協調するIoTシステムの最適なオペレーションの実現をサポートします。

 

本提携に開発・提携する内容

ソフトバンクとウフルの両社は今回の資本・業務提携により、ソフトバンクのIoTプラットフォームおよびネットワークを組み合わせたIoTサービス、ウフルのIoTソリューションを提供していきます。また、ソフトバンクが2018年4月に商用サービスを開始した、IoTデバイス向けのLTE規格であるNB-IoTに準拠した通信モジュールを共同で開発し、IoT事業の拡大を目指します。5Gの普及が世界的に進む2020年には、240兆円(※1)を超えるといわれる世界のIoT市場において、特にファシリティマネジメント(※2)、アセットトラッキング(※3)、スマートシティといったプロジェクトに注力し、協業を加速していきます。
 
(※1)出所:JEITA「電子情報産業の世界生産見通し 注目分野に関する動向調査」。
(※2)ファシリティマネジメント:工場や建物で使われているインフラ設備の維持管理の総称。
(※3)アセットトラッキング:Wi-FiやGPS、RFIDタグなどを組み合わせて、ヒトやモノの位置を追跡管理する方法。

(※4)スマートシティ: ITや環境技術などの先端技術を駆使して街全体の電力の有効利用を図ることで、省資源化を徹底した環境配慮型都市。

 

enebularについて

「enebular」は、ウフルが提供するIoTオーケストレーションサービスです。
エッジデバイスとクラウドが連携するアプリケーションの開発や、様々なクラウドサービスとの連携を簡便に実現し、多数のデバイスが協調するIoTシステムの最適なオペレーションを支援します。また、商用展開可能なセキュリティとスケーラビリティとを備えています。2014年のリリース以来、IoT/AIを活用してデジタル・トランスフォーメーションに取り組む様々な企業に導入いただいています。2017年5月には、英Arm社との間で、同社のIoTデバイス管理プラットフォーム「Arm® MbedTM Cloud」のパートナー契約を締結したことにより、クラウド・エッジデバイス・エンドデバイス全てにおけるセキュリティ、特にハードウェアレベルのセキュリティを重視した開発が可能となりました。
URL:https://enebular.com/

 

ソフトバンク株式会社
URL:https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/

株式会社ウフル
URL:http://uhuru.co.jp/

 

出典元

 

 

執筆/編集:PILES GARAGE


PILES GARAGEは、企業を支える「杭(PILES)」のような人材を育て、定期的にその「杭(PILES)」を磨く、“ガレージのような場所。
個の力を磨き何時いかなる時でもその力を発揮出来る人材に。

PILES GARAGEのサイトはこちら
https://piles-garage.com/

PILES GARAGEへのお問合せはこちら
https://piles-garage.com/contact

 

その他のおすすめ記事

凸版印刷、IoTを活用し事務などのBPO業務を「見える化」

凸版印刷、IoTを活用し事務などのBPO業務を「見える化」

NECとマクロミル、生活者データ利活用領域で協業。AIを活用したマーケティングソリューションを開発

NECとマクロミル、生活者データ利活用領域で協業。AIを活用したマーケティングソリューションを開発

NECとFiNC、人間の歩行に着目したウェルネス・ソリューションを共同開発

NECとFiNC、人間の歩行に着目したウェルネス・ソリューションを共同開発

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を1,980円~の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。

RELATIVE関連記事

TATERU bnbとTRASTA社、 AIを活用した宿泊管理システム「bnb BOOK」を開発

TATERU bnbとTRASTA社、 AIを活用した宿泊管理システム「bnb BOOK」を開発

目次1 AIを活用した宿泊管理システム「bnb BOOK」1.1 IoT民泊アパート「TATERU bnb」と...

記事を読む

スマホレンタルサービス「handy」、ソフトバンクと資本業務提携契約を締結。日本事業の成長を目指す

スマホレンタルサービス「handy」、ソフトバンクと資本業務提携契約を締結。日本事業の成長を目指す

目次1 「handy」について2 handy Japan 注力3領域3 資本業務提携の背景・概要3.1 han...

記事を読む

C2Cとstooocが業務提携。日本発のCtoCプラットフォームサービスが世界市場に参入

C2Cとstooocが業務提携。日本発のCtoCプラットフォームサービスが世界市場に参入

目次1 ライフスタイルの変化による需要の増加2 CtoCサービスの必要性と開発の合理化3 会社概要3.1 C2...

記事を読む

ものづくりの原価管理自動化サービス「GenKan」500 Startups Japanから3千万円の資金調達を実施

ものづくりの原価管理自動化サービス「GenKan」500 Startups Japanから3千万円の資金調達を実施

目次1 「GenKan」とは1.1 日本原価計算研究学会常任理事(前会長)、一橋大学商学部教授 尾畑 裕氏より...

記事を読む


COLLABORATION グロービス学び放題

ピラミッド構造

ENTERPRISE

RECOMMEND

MONTHLY RANKING