「地域をイノベーションの聖地に」ファミリアクリエイト 川本氏が目指す地方のあり方【後編】

Pocket

「欲しがられる人材になりたい人が集まるプラットフォーム」である、『PILES GARAGE』。企業を”個”の力で支える、「杭(PILES)」のような人材を育てる「場所(GARAGE)」として、「欲しがられる人材」とはどのような人材であるのか、様々な人のお話を聞くことで改めて考えてみようと立ち上げたこの対談企画。

 

今回は、地域ブランドプロデューサー 兼 ファミリアクリエイト代表の川本氏にお話を伺いました。ファミリアクリエイトは川本氏の地元である広島県廿日市市と東京にオフィスを構え、「地域をイノベーションの聖地に」というビジョンを掲げ活動されています。単なるプロモーション業を行うのではなく、地域のクライアントの課題を一緒になって考え、解決に向かっていくスタイルを大切にされている川本氏に、事業の立ち上げから現在に至るまでのお話と、川本氏が感じる地方の課題等をお伺いしました。前編に引き続き、PILES GARAGE編集長の柴田との対談をぜひ、お楽しみください。

 

以下

川本:地域ブランドプロデューサー 兼 ファミリアクリエイト 代表 川本 真督

柴田:株式会社mannaka 代表取締役 柴田 雄平

 

地方にいるクリエイターやデザイナーが活躍できる社会を作りたい

柴田

他に川本さんが感じている地方の課題はありますか?

 

川本

実は僕が考える地方の課題の一つに、行政のサポートが手厚すぎるということがあります。僕自身も恩恵を受けているので、なんとも言えない部分もあるのですが、行政が無料でサポートをし過ぎてしまうと、結果として民間の業者を圧迫することになってしまう可能性があるんです。だから行政のあり方としては、ある程度のところまではサポートして途中で手放してあげないといけないと思うんです。「行政の支援があるから、有料でサービスを受けるほどでもない」ということが民間企業にとって諸刃の剣にもなりかねません。

 

柴田

東京に比べて、地方では助成金の競争もさほど激しくないと思うので、そういったメリットをうまく有効活用しながら事業展開できるといいですよね。資金をうまく活用しながら川本さんがやっていらっしゃるようなプロデューサー、クリエイター、デザイナーでチームを組んでWebのプロモーション、販路拡大ができればいいなと思っています。地方の課題というのはやっぱり東京にいたらなかなか見えないので、実際に自分の足を使ってもっと課題に踏み込んでいくということをやりたいと思っています。

 

川本

地方にも優秀なクリエイターやデザイナーはいないわけではないのですが、企業との連携を取れる人がいないということも課題だと思っています。東京にはプロジェクトを組み立てて仕切れる人がいるので、そういう人材を地方にも増やす活動をしていきたいんです。地方にも素晴らしいクリエイターやデザイナーがいるのでもっと活躍してもらって社会が変わればいいなと思っています。

 

 

地方の若手人材に求められること

柴田

これから地方の若手人材に求められることはどのようなことだと考えていますか?

 

川本

新しい情報や価値観を柔軟に取り入れて、それを地域に還元したり、プロジェクトを立ち上げられる人材が求められているのではないかと思っています。実際に、地方の企業の財務状況を見せてもらうと、決して悪くはないのですが、やはり右肩下がりのところが多いです。それに対して危機感を持つかどうかはそれぞれの企業の自由だとは思いますが、このままでは地域の企業がどんどん減少していってしまいます。

 

それを解決するには、やはり地元の人たちが、地元の企業でしっかり稼ぎ、環境をよくしていこうというマインドが一番大事です。僕は広島で活動をしていますが、それぞれの地域で、地元のクリエイター、デザイナーが地元の企業の良いものをもっとプロデュースできるようになればいいなと思います。

 

だから僕自身はそういうことを促進する役割をしていきたいと思っているんです。地方の企業の課題は、地元以外に販路をなかなか拡大できないということが多いので、そのあたりは代行したりしながら、そして東京などの都市や世界で商品を販売しながら、ブランド価値などを高めるサポートができたらいいなと思っています。

 

 

情報を受け取る側ではなく、情報を発信する側に回れ

柴田

今、東京を中心に副業や起業がブームとなっていますが、川本さんが20代の時にこれをやっておくべきだと思われることがあれば教えてください。

 

川本

何でもいいので、情報発信をする側に回るべきだと思いますね。中でも、取材をしてみるというのはすごく良い経験になると思います。経営者や、いろんな人に会って話を聞くことができますし、それを発信することにはとても価値があると思うんです。僕も起業して最初の頃はブログを書きまくっていましたね。ブログを書き続けることで、書くことを作るために、いろんなところに行ってたくさんの人にお会いしましたし、本もたくさん読みました。たとえ、誰も読んでくれなかったとしても、情報発信をすることによって成長できるんです。

 

柴田

ありがとうございます。では最後に、今後の事業展開について教えてください。

 

川本

ベースとなる軸の事業はしっかりとやっていきながら、地方の素晴らしい商品のブランディング支援を通して、販路の拡大にもっと力を入れていきたいと思っています。僕はコンサルティング自体を売りたいのではなく、その企業の価値を広げたいと思っているんです。販路が広がれば、地方の企業の可能性はもっと広がると思っています。東京に一極集中しているお金を地方に戻すというのはそういうことだと思うんですよ。

 

特に中小企業の食品メーカーさんや小売メーカーさんたちはものすごく販路拡大で困っているので、そのあたりのお手伝いをしていきたいです。そして、夢は「全国プロデューサーサミット」みたいな、フェスをまたやりたいと思っています。

 

 

柴田

貴重なお話をありがとうございました。

 

川本

こちらこそ、ありがとうございました。

 

ーーーー

今回は、 ファミリアクリエイト代表の川本氏にインタビューをさせて頂きました。前編では、川本氏の事業の立ち上げに至るまでのリアルなお話と、地方の課題についてお伺いしました。後編では、前編に続き、広島でも活動をされている川本氏が感じる地方の課題についてと、東京と地方のそれぞれの地域の若者に向けたメッセージを頂きました。「情報を受け取る側でいるのではなく、情報を発信する側になれ」というお話は、今回経営者インタビューをさせて頂いた私たちとしてはハッとする部分でした。これからも多くの方に取材を行い、価値ある情報を発信する側であろうと改めて思いました。

 

さて、あなたにとってはどんな話が胸に残りましたでしょうか? この記事を読んだあなたにとっても、これからの時代を生きるヒントが見つかれば幸いです。

 

前編はこちら

「地域をイノベーションの聖地に」ファミリアクリエイト 川本氏 対談【前編】

 

 

▶︎ ファミリアクリエイト

Vision 〜 地域をイノベーションの聖地に 〜

Mission 〜 おもしろきこともなき世をおもしろく 〜

1.私たちは地域の中で、イノベーション人財を輩出するために尽力します!!
2.私たちはブランドづくり、PR支援により社会に貢献し、好きを志事にすることが当たり前の環境を作ることに尽力します!!
3.私たちは地域が面白く・輝くプロジェクトを新たに作り出し、若者が輝いて働ける環境を創出します!!

 

HP:http://familia-create.com/

 

記事:PILES GARAGE

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を1,980円~の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。

RELATIVE関連記事

神戸市とディグランド、シティプロモーションツールの共同開発を開始。新たな地図コンテンツの制作へ取り組む

神戸市とディグランド、シティプロモーションツールの共同開発を開始。新たな地図コンテンツの制作へ取り組む

目次1 神戸市×ディグランド 協働概要2 ディグランドとは2.1 会社概要2.2 事業内容3 その他のおすすめ...

記事を読む

インクルージョン・ジャパン(ICJ)株式会社 吉沢氏に聞くベンチャー支援の面白さと抽象化力【前編】

インクルージョン・ジャパン(ICJ)株式会社 吉沢氏に聞くベンチャー支援の面白さと抽象化力【前編】

目次1 ゼロベースで新規の立ち上げをする楽しさ2 大企業のエリート層が起業する社会に3 社会人2年目がキャリア...

記事を読む

オプト、オープンイノベーションを目的としたデザインイノベーションファームを設立

オプト、オープンイノベーションを目的としたデザインイノベーションファームを設立

目次1 「Studio Opt」の取り組み2 会社概要3 その他のおすすめ記事3.1 グロービスとCreww、...

記事を読む

「地域をイノベーションの聖地に」ファミリアクリエイト 川本氏が目指す地方のあり方【前編】

「地域をイノベーションの聖地に」ファミリアクリエイト 川本氏が目指す地方のあり方【前編】

目次1 自分の能力を活かしてキャリアを築くということを真剣に考え始めた2 創業間もない頃は、無知ゆえの強さがあ...

記事を読む


COLLABORATION グロービス学び放題

3C分析

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING