TATERU bnbとTRASTA社、 AIを活用した宿泊管理システム「bnb BOOK」を開発

Pocket

アプリではじめるIoTアパート経営「TATERU Apartment(タテルアパートメント)」の開発・運営を行う株式会社TATERU(以下、TATERU社)と子会社である株式会社TATERU bnb(以下、TATERU bnb社)は、TATERU社関連会社である株式会社TRASTA(以下、TRASTA社)とAIを活用して宿泊料金設定をオートメーション化する宿泊管理システム「bnb BOOK」を共同開発します。

 

AIを活用した宿泊管理システム「bnb BOOK」

TRASTA社は、TRAVEL Tech事業に関わる様々なサービスの開発、提供を行う企業です。
TATERU bnb社では、アプリでかんたんIoT民泊運用「TATERU bnb」の開発・運営をはじめとした「bnb kit(スマートロック・チェックインパッド・TRIP PHONE)」の開発・レンタルなど、IoTを活用した様々な民泊運用サービスの提供を行っております。

この度、TATERU社グループは、AIを活用して宿泊料金設定をオートメーション化する宿泊管理システム「bnb BOOK」をTRASTA社と共同開発します。当システムは、TRASTA社の開発する宿泊管理システムに、TATERU社グループが開発する宿泊料金設定をオートメーション化するAIシステムを組み合わせることで、OTA(※1)サイトと連携した宿泊募集登録、予約管理、精算、顧客管理などの煩雑な宿泊管理業務を効率化するものです。宿泊料金設定をオートメーション化するAIシステムでは、全国の宿泊データやイベント開催情報、他国の休暇スケジュールなどの宿泊料金に関するデータを機械学習させることで、プライシングモデル(※2)を生成し、適正な宿泊料金を推定します。これにより、属人的に行われていた宿泊料金設定プロセスにおいて、客観性・正確性の高い宿泊料金の設定を行うことが可能となります。

 

また、プライシングモデルの生成においては、TATERU社で開発済みの「価格推定エンジン」で使用するコアテクノロジーを転用することで、開発期間を大幅に短縮します。当システムの利用により、民泊運営管理において業務効率化、コスト削減を可能にし、さらにデータ活用による適正な宿泊料金設定を行うことで、売上の最大化を目指します。

 

今後もTATERU bnb社では、民泊運用におけるサービスの拡充および新たなソリューションの開発を行うことで、さらなるIoT民泊アパートの展開を行います。
 
※1 OTA(Online Travel Agent)とは、インターネット上で取引を行う旅行会社です。
※2 機械学習によってビッグデータから生成される、AIシステムの基盤となる成果物です。

 

 

IoT民泊アパート「TATERU bnb」とは

TATERU bnb社が企画するIoT⺠泊アパート「TATERU bnb」とは、FIT(※)のニーズに対応した新しい形の⺠泊施設です。近年増加している旅行スタイルであるFITは、移動や宿泊のコストを抑え、食事や観光などの体験型サービスを重視する傾向が強くなってきています。この施設では、1室4名まで宿泊することができるため、一人あたりの宿泊コストを抑えることが可能となり、より自由度の高い旅行を計画することができます。さらに、旅行者向けIoTデバイス「TRIP PHONE」の貸出により、24時間いつでもどこでもトリップコンシェルジュを通じたレストラン予約や交通案内、観光案内など、FITの快適な旅をサポートすることができます。
 
※ FIT(Foreign Independent Tour)とは、団体旅行やパッケージツアーを利用することなく個人で海外旅行に行くこと。

 

「bnb kit」とは

「bnb kit」とは、IoTで民泊運用のコストを抑え、運用業務を効率化します。また、IoTの活用により、宿泊者へのサービス提供を行うことができ、満足度の向上や他施設との差別化を図ることができるサービスです。民泊施設には、4つの方法で解除できる「スマートロック」をはじめ、宿泊者情報の取得やタブレットでのチェックインが可能な「チェックインパッド」、旅行者向けIoTデバイス「TRIP PHONE」の3つの「bnb kit」を標準装備しています。
最先端のIoTデバイスを搭載したTATERU bnb社の民泊施設では、さまざまなシーンでIoTデバイスを活用し、スムーズな民泊運用を可能にします。また、宿泊者に「TRIP PHONE」を無料でレンタルし、施設周辺のおすすめ飲食店などの紹介や予約、交通機関の案内やタクシーの予約など滞在中のさまざまなご要望をトリップコンシェルジュが24時間多言語対応することで、宿泊者によって快適な旅行環境を提供します。
TATERU bnb社では、国内外の旅⾏客に安⼼安全な宿泊サービスと快適な旅⾏環境を提供するとともに、今後は「bnb kit」を通じて蓄積されたデータベースを元に、ビッグデータを活⽤したIoT⺠泊運⽤における新たなソリューションの開発と提供を⾏います。

 

 

出典元

 

執筆/編集:PILES GARAGE


PILES GARAGEは、企業を支える「杭(PILES)」のような人材を育て、定期的にその「杭(PILES)」を磨く、“ガレージのような場所。
個の力を磨き何時いかなる時でもその力を発揮出来る人材に。

PILES GARAGEのサイトはこちら
https://piles-garage.com/

PILES GARAGEへのお問合せはこちら
https://piles-garage.com/contact

 

その他のおすすめ記事

宅都ホールディングスと楽天LIFULL STAYが民泊事業で業務提携を開始

企業間後払い決済サービスと民泊運営管理システムが連携。民泊業者の業務負担緩和を目指す

凸版印刷、IoTを活用し事務などのBPO業務を「見える化」

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を1,980円~の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。

RELATIVE関連記事

凸版印刷、IoTを活用し事務などのBPO業務を「見える化」

凸版印刷、IoTを活用し事務などのBPO業務を「見える化」

目次1 産業機器向けIoTを元に事務業務向けに開発2 開発の背景3 新サービス導入による効果3.1 「見える化...

記事を読む

IoTとクラウドが介護を変革させる ITがもたらす未来の介護現場とは?

IoTとクラウドが介護を変革させる ITがもたらす未来の介護現場とは?

介護業界は「介護士不足」という問題を抱えており、主な原因は介護士の労働環境にあります。そこで労働環境の現状を改善できると考えられているITの

記事を読む

NECとFiNC、人間の歩行に着目したウェルネス・ソリューションを共同開発

NECとFiNC、人間の歩行に着目したウェルネス・ソリューションを共同開発

目次1 両社の知見に基づいたソリューションの提供2 技術開発によりさらに快適でパーソナルな健康アドバイスが可能...

記事を読む

MAMORIOとJR東日本、IoTを活用したお忘れ物自動通知サービスの試験運用を開始

MAMORIOとJR東日本、IoTを活用したお忘れ物自動通知サービスの試験運用を開始

目次1 「MAMORIO」サービス概要1.1 専用アンテナ「MAMORIO Spot」設置箇所1.2 試験運用...

記事を読む


COLLABORATION グロービス学び放題

X理論・Y理論

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING