退院調整支援サービス「KURASERU」、5千万円の資金調達を実施。サービス強化と全国普及を図る

Pocket

退院調整支援サービス「KURASERU(クラセル)」の企画・開発・提供を行う株式会社KURASERU(以下、クラセル)は、500 Startups Japanを引受先とする第三者割当増資により、5千万円の資金調達を実施しました。

 

「誰もが暮らしたい場所でクラセル」世界の実現を目指す

KURASERUは、神戸市が主催する KOBE Global Startup Gateway に採択され、神戸市のスタートアップ支援を受けた事業です。在宅療養が困難な患者と介護施設をマッチングし、医療ソーシャルワーカーの退院調整を支援することで、退院後も患者さんが安心して生活できるように支援します。2018年1月のサービスローンチ以降、神戸市内の46の病院と128の介護施設が利用し、KURASERUを介して介護施設への入所を検討した患者はすでに50名を超えています。

 

高齢化が深刻な社会問題となっている昨今、医療介護費の支出は50兆円を超え、社会保障費も膨れあがる一方です。このような背景から、医療機関、介護施設、在宅サービス間におけるシームレスな情報共有が課題となっています。しかし現状は、医療介護業界のコミュニケーションツールが電話やFAXがほとんどを占めており対応負担が大きく、必要とされているカンファレンス業務、対人援助が十分にできていない状態です。そのため、ITによる効率化の潜在ニーズは大きくなることが見込まれています。

 

KURASERUは、「病院・介護施設・在宅療養支援事業所の連携を可能とする医療情報のプラットフォーム」として、患者を適材適所の場所へ誘導し、ミッションでもある「誰もが暮らしたい場所でクラセル」世界を目指します。今回調達した資金を元に、開発の強化と、神戸を拠点として全国へ普及を図る予定です。

 

 

「KURASERU」について

1,「病院が退院支援を行う際に使用する検索システム」

KURASERUは、病院の医療ソーシャルワーカーが退院支援の際に在宅復帰が困難な方に対して、エリア、月額利用金額、医療処置の範囲などのニーズをヒヤリングした情報をKURASERUに打ち込むと、最適な介護施設情報を瞬時に検索することができるツールです。医療ソーシャルワーカーは、KURASERUを利用することでスムーズな退院調整が可能となります。

 
また、病院の医療ソーシャルワーカーが患者のデマンドや医療情報もKURASERUシステムに入力して利用するため、退院期限管理や退院患者のデータ管理もKURASERUシステム内で行うことができます。そのため、病院からのニーズが高まっています。

 

2,「介護施設側から病院へのオファーシステム」

介護施設側は、病院の退院予定者リストの個人情報が判定できないレベルで閲覧可能となっているため、介護施設側が病院に直接入所可能のオファーすることができます。また、病院の医療ソーシャルワーカーが承認した介護施設のみ、入退所に関わるコミュニケーションをチャット形式で病院と直接KURASERUシステム内で行うことができます。これにより、病院側は検索では知り得ない介護施設情報を獲得することができ、また介護施設側は機会損失なく入所稼働させることが可能となります。

 

3,「有資格者・専門家によるカスタマーサポート」

退院支援に必要とされる専門家(社会福祉士・看護師・行政書士・ケアマネージャー等)によるカスタマーサポートが受けられます。KURASERUのシステム利用と、専門家の知識でスピーディーな問題解決を実現します。

 

クラセル代表・川原 大樹より

KURASERUは「誰もが暮らしたい場所でクラセル世の中を作る」をミッションに掲げています。そのためには、まず病院と介護施設がしっかりと情報共有することが必要です。自身が医療ソーシャルワーカーとして働いていた時、現状の介護施設のマッチングは医療ソーシャルワーカーや家族または患者様の知識量の中でしか選べず、本当にこれで良かったのかと悩んでいる姿を現場で数多く見てきました。この問題をITで解決し病院と介護施設の情報格差を無くし、最適な環境を患者様がベストセレクトできることが重要だと考えています。

 

病気は病院だけではなく介護施設や在宅で治療できる環境は沢山あると思います。ただし、各機関が連携を取っていかなければ到底実現化することはできないと思います。その情報共有をKURASERUで実現化し、その人らしい生活環境を誰にでも提案できることを目指しています。
クラセルHP:https://www.kuraseru.co.jp/

 
出典元

 

 

執筆/編集:PILES GARAGE


PILES GARAGEは、企業を支える「杭(PILES)」のような人材を育て、定期的にその「杭(PILES)」を磨く、“ガレージのような場所。
個の力を磨き何時いかなる時でもその力を発揮出来る人材に。

PILES GARAGEのサイトはこちら
https://piles-garage.com/

PILES GARAGEへのお問合せはこちら
https://piles-garage.com/contact

 

その他のおすすめ記事

メディカルノート、「Yahoo!検索」と連携し検索画面にて最新医療情報を提供

メディカルノート、「Yahoo!検索」と連携し検索画面にて最新医療情報を提供

TBCグループ、女性が安心して働ける環境づくりを目指しオンライン医療相談サービスを導入

TBCグループ、女性が安心して働ける環境づくりを目指しオンライン医療相談サービスを導入

医療機器シェア日本1位のオリンパス、世界1位の内視鏡を強みに医療強化へ

医療機器シェア日本1位のオリンパス、世界1位の内視鏡を強みに医療強化へ

メディカルノート、「Yahoo!検索」

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を1,980円~の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。

RELATIVE関連記事

医療機器シェア日本1位のオリンパス、世界1位の内視鏡を強みに医療強化へ

医療機器シェア日本1位のオリンパス、世界1位の内視鏡を強みに医療強化へ

目次1 粉飾決算で社会に衝撃を与えたオリンパス2 オリンパスの概要3 オリンパスの事業3.1 オリンパスの医療...

記事を読む

SHOWROOM、資金調達およびDeNA保有株式一部譲渡(総額31億円)を発表

SHOWROOM、資金調達およびDeNA保有株式一部譲渡(総額31億円)を発表

目次0.1 ■SHOWROOMについて1 その他のおすすめ記事1.1 レバテックフリーランス、プログラミング言...

記事を読む

株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOを運営する日本クラウドキャピタル、3億円の資金調達を実施

株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOを運営する日本クラウドキャピタル、3億円の資金調達を実施

目次1 資金調達の目的2 株式会社SEEDATA(博報堂グループ)について3 SEEDATA(博報堂グループ)...

記事を読む

国内VC投資、13四半期ぶりマイナス 一部に慎重姿勢

国内VC投資、13四半期ぶりマイナス 一部に慎重姿勢

目次1 国内VC投資動向2 マイナスの背景3 今後のスタートアップ投資4 その他のおすすめ記事4.1 ユニコー...

記事を読む


COLLABORATION グロービス学び放題

3C分析

ENTERPRISE

RECOMMEND