税理士にとってのマネジメントサービス業務の重要性と必要性

Pocket

今回は、税理士の業務についてみていきましょう。

 

会計、税務の一般的な、あるいは時系列的な計算業務は良く知られています。
これ以外にも色々な分野、領域における事業に関する(タックス)プランニングも重要な業務としてあります。

 

上記以外のマネジメントサ-ビスも様々な企業・事業において経営をみてきた税理士にとっては、強みを発揮しうる大切な業務になります。
しかし、この点においてはあまり積極的ではない税理士も少なからずいます。

 

例えば、税理士は起業・事業において成功や失敗を色々と見てきています。
そこで、成功や失敗の原因を分析し、それらを体系化することによって、経営に関する知見が積み上げられていきます。
ただ、この知見も、ある起業の成功が別の企業にすぐに活用できるというものではありません。
業種、規模、組織風土、何よりも経営者の方針・資質などが影響するからです。

 

経営者は様々な悩みを抱えています。
それだけに共有可能な知見をいかに経営者に伝達していくかがアドバイスをする際に重要になってくるでしょう。

 

このような場合には、税務・会計は言うまでもありませんが、会社法や経営学といった関連学問の蓄積や幅広い知見等がアドバイス成功の作用要因になってきます。
というのも経営の結果やプロセスの計算が必ずこの税務・会計に反映してくるからです。
しかし、このあたりについても、あまり専門的能力等も有さず、関心を払えない税理士も少なくないでしょう。

 

私としては、幅広い社会科学の知見を活かして、経営をより成功させていく支援としてのプランニングについても注力していきたいと思っている今日この頃であります。

 

 

編集:PILES GARAGE 編集部
 
整備士プロフィール

 

安村 雅己
株式会社mannaka/監査役
安村税理士オフィス/代表
会計税務等関与して35年。中堅企業や医療関係、非営利法人等多様な実務経験あり。
起業を起点として、会社の為、経営の安定成長を目指しています。
夢の共有がすべてだ。税務、会計のみならず法務、財務といった幅広い知見をフル活用。
一橋大学大学院博士前期課程修了の税理士、法学修士として、広範な問題に対応。
研究者、講師や監事、監査役も。戦う税理士としてクライアントの為に全力投球。

 

安村整備士のブログはこちら
麹町の新参者こと中年税理士―中小企業の「ホームドクター」

Pocket

COLLABORATIONグロービス学び放題

「グロービス学び放題」は、グロービスが提供するビジネススキルの動画を1,980円~の月額定額制で視聴できる動画学習サービスです。グロービス経営大学院およびグロービス法人研修部門のビジネス人材育成ノウハウを結集し、幅広いビジネスナレッジを3~10分の短い動画で手軽に学ぶことができます。

COLLABORATION グロービス学び放題

ZOPAとBATNA

ENTERPRISE

MONTHLY RANKING